Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
3
5
8
10
11
12
13
14
15
16
18
20
21
23
24
26
27
28
29
30
09


Griffine Genesisアトマイザータンク

P1020399.jpg

DIDは一般のWebサイトで購入できることで人気のGenesisとなりましたが、Mini DIDに引き続きGeminiとシリーズも好調です。私の周りでも何人かの方がMini DIDを購入して楽しんでいます。そんな中、Chiniese DIDと呼ばれるほぼコピー品が出回っている情報もあり、共同購入などに乗っかってはみましたが、すでにWebサイトでも販売が開始されているのを発見。

製品名は『Griffine』、米国のWebサイトより購入が可能です。

さてさて、その性能やいかに?



 

関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 4   Trackback 0
  • PWMのワナとお詫び

    P1010505.jpg

    あまり穏やかではないタイトルですが、バッテリーMOD業界にとっては一大事。そして私も誤った情報を流していたかも知れない張本人として反省すべき事実が判明しましたのでここにお詫びと共に掲載させていただきます。

    Variable Voltage(可変電圧)のバッテリーMODは、eGo Twistなど一般製品でも当たり前のように販売されている時代ですが、3VOの登場以降、パルス幅変調(PWM)で制御するタイプのVV MODが徐々に増え、現在では大手Smoketech VMAXなど誰でも入手できるVV MODとして販売されています。

    PWMという機構それ自体には何ら問題がないわけですが、オシロスコープを使う電子タバコの様々なレビュアーの計測で使用されている電圧は最小値と最大値から自動で導かれる平均電圧(Vavg)を実電圧として取り扱ってきました。私も例に漏れず同様にの計測を行い、その結果をブログに掲載してきましたが、このVavgを計測電圧とすること自体が誤りだったのです。

    これにより何が起きたのか、ユーザーにどのような影響があるのかをご説明します。


     

    関連記事

    テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 13   Trackback 0
  • eGo-C Pillリビルダブルアトマイザー

    P1020351.jpg

    何故に今さら『eGo-C』なのか。見た目には普通に交換用のアトマイザーヘッドに見えるわけですが、実はこれ、れっきとしたリビルダブルアトマイザーとして販売されているヘッドでなんです。以前にご紹介したことのある世界最小のGenesis「PiculiSci」のModderさん、Scientist氏が手掛けていたIMISTのデュアルコイル化に近い発想で、eGo-Cのリビルダブルを実現している製品です。この製品の元がScientist氏なのかどうかは不明ですが、ルーマニアのWebショップから日本でも購入が可能でした。

    またご紹介するタイミングを失っていましたが、Joyetechの『eCab』でもeGo-Cアトマイザーを使用できますので、こちらもレビューしつつ併用してみたいと思います。

     

    関連記事

    テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 4   Trackback 0
  • VV Reo Grandレビュー

    P1020307.jpg

    VV Reo Grand』はボトムフィーダーの定番Reoシリーズの可変電圧MOD。Kickの登場以来ポテンショメーターによる可変電圧は、ややその陰が薄くなった感がありますが、VV Reo Grandは今年4月のプレビューから半年、ようやくこの6月にReoファミリーに追加されたばかりの新製品です。(VV Woodvilという可変電圧も以前から小数のみ販売されています。)

    Reoは18490バッテリー用のMini 2.0を先日入手したばかりのNewbなため、レビューするには適していないのは明白な私ですが、手にしてしまった以上はしっかりとレビューしてみたいと思います。

     

    関連記事

    テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 0   Trackback 0
  • Kir Fanis新作タンクレビュー

    P1020285.jpg

    Kir Fanisさんと言えば様々なMODのクリアチューブの販売と並び、カトマイザータンクでも有名な方です。リビルダブルが大流行になる前から306の直ドリがメインだったため、個人的にはカトマイザーもタンクも使うチャンスがめっきり減っています。ただそれでも気になるのが、Kir Fanisさんのようなデザイン性を持ったタンクの存在です。吸わなくなっても手を出してしまうという…。

    今回の新作は『PRIVE』と『VARADERO』。いずれもProVariに合わせた専用デザインです。また同時にこちらも新作の『Zantos』ドリップチップの販売も開始されました。

     

    関連記事

    テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 0   Trackback 0
  • iDriperのボトムフィーダー化

    P1020277.jpg

    リビルダブルな直ドリアトマイザーとして人気のある『iDriper』は、販売からなかなかの人気を持ち、周りでも入手している人は多いアトマイザー。なんといっても魅力は1,320円という価格の安さと、リビルダブルという楽しさにあるわけですが、先日レビューをお届けしましたERAChaliceなど、ボトムフィーダーのリビルダブルにも人気が一部ですが盛り上がりつつあります。

    ERAは$55ですが入手が困難、Chaliceは購入できても$150となかなか手を出しにくい価格帯。それではということで1,320円のiDriperをボトムフィーダー化してしまえば実は同じだよね、ということで簡単ですがやってみます。

     

    関連記事

    テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 0   Trackback 0
  • bliSSアトマイザーレビュー

    P1020257.jpg

    bLiSS』はVaperwallのdocdave氏によるGenesis形式のアトマイザー。窓付のカバーが特徴的なフルサイズのタンクアトマイザーです。

    乱立気味のGenesis形式のMODですが、新しいMODはすべてGenesisなのではないかというご時世。ここまでくると飛びつく前に性能比較などが欲しいところですよね。はい、大丈夫です。ちゃんとレビューします。

     

    関連記事

    テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 3   Trackback 0
  • Radiator Pluidリキッドレビュー

    P10202382.jpg

    Radiator Pluid』と名付けられたリキッド。つまりはラジエーター冷却液ですね。まぁ色としてはそんな感じにも見えますが、ボトルにはドッキリと核物質マークが付けられています。界隈で有名なDIYerのMad Mardock氏によるリキッドでECFでは大人気で全然買えない状況になっています。

    そんな中、310Vapersというロサンゼルスのショップが入手して販売を開始しました。と言っても注文から1カ月ほど掛るプリオーダー方式。この310VapersはSLRで話題になっていた頃、同機能のMODを3VOとして販売したり、あれだけ入手が困難なZ-Attyを販売したりと、なかなか目が離せないベンダーです。

     

    関連記事

    テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 2   Trackback 0
  • PitGenアトマイザー

    P1020212.jpg

    いやー、Genesisとはいえ同じような製品が増えているわけですが、今度はイスラエルからDIDとも思えるGenesisアトマイザーが登場です。Pitchel氏が登場したのはUKVapersが再開した7月、つい最近の出来事です。ので、全然見逃していたのですがリスト開始に間に合って登録してました。

    その時点からDIDのコピー感が満載な中、DIDはノーマル、ショート、ミニ、Gemini、それぞれのクリアチューブにセンターポール交換と全部購入してしまったので、いい加減どうなんだとは思いますが、それでも人柱しておかないとならない義務感満々でレビューさせていただきますよ!

     

    関連記事

    テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 0   Trackback 0
  • Cobraタンクアトマイザー

    P1020178.jpg

    良質なデザインで詰めがやや甘いとおちゃめで有名なタイのMODメーカー「Siam-Mods」が、いよいよ初Genesisを製品化という話題で盛り上がったのが今年5月か6月くらいでしょうか。ようやく「Alba Vapours」との共同開発により製品化を完了、ようやく販売がスタートしました。現在はまだリストの事前登録者に対してのみ販売を行っている段階ですが、まもなく一般販売も開始予定です。

    用意されたのはタンクの異なる3mlと5mlサイズ。比較的大きなタンクですので少しでも短くしようと3mlを注文、入手しましたので早速レビューしたいと思います。

     

    関連記事

    テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 6   Trackback 0
  • Reo 18490 + Chalice II レビュー

    P1020132.jpg

    MarkBugsのボトムフィーダー専用リビルダブルアトマイザー『Chalice II』の購入後、レビュー方法を考えていたのですが、マッチするボトムフィーダーがVinciしかなく、写真映りはイカついなぁというイメージ。デイリーユースを考えての購入だったので、ボトムフィーダーの王道、Reoを購入するに至りました。周りでも徐々にReoユーザーが増え、JPVapers.comでもECFからわざわざ出向いていただいたTennDaveさんのオススメもあり、購入に踏み切りったのもあります。

    ただ最後の一押しは、私の大先輩Taku_1さんのReo Mini 18490をお預かりして、Chalice用にカップを拡張する機会をいただいたことです。やっぱり現物を手に持ってみちゃうともうダメですね。。。あとはどの色を買おうかということだけしか頭になく…。本日『Reo Mini 18490』が到着いたしました。

    ※シルバーボディでドアをブラックで注文したのですが、届いたのはテレコでした。まぁいいかな。

     

    関連記事

    テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 2   Trackback 0
  • タケミカズチ真打バッテリーレビュー

    P1020115.jpg


    チャレンジャーな製品を提供し続ける「沼田茶舗」より、eGoサイズバッテリーの『タケミカズチ真打』が登場。初代のタケミカズチ同様に電圧可変でますが、以前のように3種類の電圧を切り替えるという単純なものではなく、iTasteに近い液晶+0.1V刻みの設定が可能な本格派のバッテリーです。

    メカニカルMODでは当たり前だった機能を一般製品に組み込んで製品開発を行った。と言ってしまえば簡単なのですが、従来、JoyetechによるeGoバッテリーは電圧降下による3.7V定電圧でしたが、それでも低抵抗(LR)アトマイザーや電圧を下降させない4.2VのeGoサイズバッテリーに人気がシフトした背景には、安全面からの配慮として3Ω、3.7VとされていたeGo規格に対して、より多くの煙量、温度、そして強い喉越しを求める一部マニアの声が一般化したためだと思われます。

    MODが可変電圧へ進むと、その少し後には初代タケミカズチが発売され、その後もeGo Booster、eGo-C Twist、iTasteと時代は流れ、今では可変電圧が一般製品として購入の選択肢に普通に存在する時代になりました。この時代の流れを背負い、必要となる機能を詰め込んだのが『タケミカズチ真打』です。


     

    関連記事

    テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 1   Trackback 0
  • スポンサードリンク

    禁煙


    About this Blog

    Gabish

    Author:Gabish

    とりあえず試してみることにした!という方へ
    電子タバコを
    始めるための
    基本的な情報
    ここをクリック

    About this Blog (English)



    Sponsored Link