Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


アトマイザーが命なんです

ジャンク、E9、KR8とレビューにもならないたわごとを書きましたが、この先まだまだ他の機種が出てきます。で、そっちへ行っちゃう前に、もう一度アトマイザーについて解説しておきたいと思います。これを理解しちゃえば色々な謎が解けて理解が深まるんでないかと思います。

■510とか901となんなの?

カトマイザーの説明に入る前に、口金と呼ばれるサイズについてちょっと説明。

機種の進化の枝別れの結果、アトマイザーとバッテリーをつなぐコネクターのサイズがバラバラになっちゃいました。どれも9mmというコネクタサイズを持ちながら、ねじの切り方や大きさが微妙に違って合わないわけです。現在流通している口金のサイズは

主に

 510
 eGo
 306
 
これ以外にも

 901
 401/402
 112

など、様々なものが派生しています。

で、これだと困ってしまうわけですが、電子タバコ業界の最大手メーカーであるJoytechが使っているのが510(eGo共通)になります。現在はこの510がほぼ業界標準となっていて、どんなメーカーの器具を使っていても901<->510アダプターなどが存在します。

バッテリーはほぼすべてが510口金を使っていますので、つまりどんなアトマイザーを使っていてもアダプターを使って510へ接続、利用することができるという仕組みです。

覚えておくべきは『510は業界標準』ということです。


このような関係から、アトマイザーを使う上では自分がどんな機種のバッテリーを持っているかは単にサイズとデザインの差であるということ。『おいしい!』と言われるアトマイザーが存在するなら、アダプターを通してそれをほぼ全般的に試せるのだと思ってよいかと。

では本題。

■アトマイザーの選択肢
  • 抵抗値
前にも触れましたが、アトマイザーはコイルに電流を通してリキッドを蒸気化するための心臓部です。この性能でリキッドの味が良くも悪くもなるという大切なものです。

アトマイザーは大別すると高-抵抗値タイプ(HR)と低-抵抗値タイプ(LR)、そして中間にくるレギュラータイプの3つに分けられます。はっきりと味の違いが出るのはLRとHRですが、スターターキットについてくるのは大抵レギュラーになります。

主にHRは5V以上の電圧を発生できるバッテリーを対象としていて3Ω以上のものを指します。$100付近のModバッテリーを使わないのであれば使わないと思ってください。一方、510やeGoなどの3-4V付近のバッテリーを対象としているのがレギュラーで2.5Ωくらい。LRは3.2-3.7Vのバッテリーで爆煙を楽しむためのもので、1.5~1.8Ωくらいになっています。

一般的に人気のあるのはLRですが、抵抗値が低い分バッテリーの消費速度が速くなります。また味は甘いフルーツ系よりは絡みのあるタバコ系の方が合うような気がします。
  • コイル数と配置
LR/HR以外の特徴を!という進化で出てきたのがコイルを上下に配置したDual Coil Atomizer。特徴は爆煙なのですが、タンク方式が増えてきてリキッドの味が薄くなったと言われる現在、しっかり味を出すためにはDual Coilという選択が多いようです。タンク以外でももちろん好みで利用できますよ。タンクについては結構長くなるので、またの機会に。

基本、この2つの要素で好みの選択肢を決めておけば迷うことなし。


■カトマイザーって?

ちょっと待った。アトマイザーっていうかカトマイザーっていうのあるよね?はい、カトマイザーはアトマイザーに綿が詰めてあったり、カートリッジタイプのタンクを装着できるようになっているものです。AtomizerにCartridgeが一緒でカトマイザー。

写真で並べてみるとこんな感じ。

ato2.jpg ato3.jpg  

長い方がカトマイザーですが、つまりアトマイザーの後ろにリキッドを保持する機構を持ったもの。右のアトマイザーはコイルが剥き出しなのがわかりますよね。カトマイザーは『直ドリップ』と呼ばれる方法で、直接コイル周りにリキッドを2~3滴たらし、Drip Tipを付けてから吸います。リキッドを自作したときの味見によいのと、コイルから自分のクチまで何も障害物がないのでリキッドがそのまま濃く味わえるといわれます。

ato1.jpg 

写真が切れてしまっていますが、これがDrip Tipを付けた状態です。付けなくてもいいんですが、見た目がいいのとLRなどを使っていると熱せられたリキッドが直接口の中へ入ってくることもあるので、Drip Tipの仕様は必須と言えます。

driptip.jpg 
Drip Tipたち。もっともっとカラフルなのもありますよ~

脱線しましたが、カトマイザーとアトマイザーの差はわかりましたよね?味見で直ドリするならアトマイザー、面倒なのでリキッドを蓄えて吸いたいならカトマイザー。ただしお掃除はアトマイザーがとっても楽。


■クリアトマイザー

なんなんだよと(怒 カトマイザーがさらに進化するとさらに名前が増えていきます。けども、結局はどれもカトマイザーの変形だと思ってください。

クリアトマイザー(Cleartomier): カトマイザーを透明にして中が見えるようにしたもの。ただしコットンなどではなく、グラスファイバーでリキッドを吸い上げるタイプが多い。

ジャイアントマイザー(Giantomizer): まぁ名前から分かると思いますが、リキッドを保持する容量がでかいですw でもこれが透明になるとやっぱりクリアトマイザーなんですわ。


と、ここまででアトマイザー/カトマイザーの説明は終わりです。
自分の好み選択肢として見つけてくださいね。


■アトマイザー/カトマイザーの選び方

バッテリーの電圧は? 3-4V⇒LR or Regular 5V以上⇒HR

主なスタイルは「直ドリ」ですか? Yes⇒アトマイザー+Drip Tip No⇒カトマイザー

あとは容量、見た目で選んでもらえればいいかと思います。
関連記事


Comments

はじめまして
突然すいません。

爆煙のでるアトマイザーを探してます。いったい何処のなんと言マイザーを買えばよいのでしょうか?

恐縮ですが教えて頂けたら幸いです。よろしくお願いします

Leave a Comment


Body

スポンサードリンク

禁煙


About this Blog

Gabish

Author:Gabish

とりあえず試してみることにした!という方へ
電子タバコを
始めるための
基本的な情報
ここをクリック

About this Blog (English)



Sponsored Link