CE3XL + DCT = アトマタンク

P1000515.jpg


爆煙とCE系としては出来のよすぎるCE3XLのレビュー、そしてコイルのリビルドについてはすでにお伝えしていますが、今日は日曜プロジェクトとして、カトマイザータンクならぬアトマイザータンクを作成してみます。

P1000494.jpg
P1000493.jpg


まずはCE3XLの分解です。

比較的簡単に引っこ抜けますのでバラしておきます。シリコンのキャップはひとつを使用するので捨てちゃダメです。次に穴の開いたデュアルコイルのカトマイザーを同じ要領でぶっこ抜きますが、使用するのは筒だけですので、何度も使って後は捨てるだけになったものを使用します。また今回はカトマイザーではなくアトマイザータンクですので、あまり穴の大きなものは向かないかも知れません。一応穴の大きさに応じて調整することを試みますが、そのあたりは臨機応変によろしくです。筒を残して捨てちゃって構いません。

P1000497.jpg
P1000499.jpg

もし必要な場合にはCE3のコイルを巻き直しておいてください。ウィックは少し長めでも構いませんが、リキッド流量に応じてステンレスメッシュを巻きつける方法でやってみます。ただし、このDCカトマイザーの穴は充分に小さいので、本来はメッシュすら必要ありません。トライ&エラーが必要。このとき、残しておいたCE3のシリコンキャップをひとつはめておきます。これがマウスピース側へのリキッド漏れを防ぎます。

少しはみ出しているウィックを覆うようにメッシュを2回くらい巻き、上からコイルで止めておきます。もう少し洗練された方法があるような気もしないでもないですが、手元にすぐにある材料ということで。

P1000501.jpgP1000502.jpg

ここまでくればほぼ完成。ガッツをカトマの筒にうまく入れますが、なかなか最後がはまらないと思いますので、柔らかいもので挟んでカナヅチなどで叩いてしっかり固定します。


P1000504.jpg
P1000507.jpgP1000509.jpg

マウスピース側は、ややセンターポールが長すぎますが、ギリギリドリップチップがはまります。種類によっては厳しいと思いますので、可能ならばポールを少しカットできればパーフェクト。私はこのままいきます。タンクに使ったのはステンレス製のLil' Mama、XLサイズのカトマイザーなのでタンクチューブだけ他のものに変えました。SmoketechのDCカトマイザーにあるストッパーがないので、ずるっと抜けないように気を付けてくださいね。

P1000510.jpg
P1000512.jpg

やはりこの穴の大きさであればメッシュは必要なく、チェーンしていると少し枯れ気味。辛いとまではいいませんが、やっぱり外してみよう。

うっ、もう外れないw 

結局、筒の穴を大きくすることにして美味しくいただけるようになりました。

P1000516.jpg


関連記事

コメント 2件

コメントはまだありません
トシ改  

これって、筒を金属製に換装するならステンメッシュ芯が使えると思うんです。
どうでしょう?

2012/04/30 (Mon) 19:04 | 編集 | 返信 |   
Gabish">
Gabish  
Re: タイトルなし

んー、どうでしょうね。コイル部分は大丈夫として、筒に触れるのは厳しいのかな、どうですかね?Stardustでメッシュウィックにしている人もいるみたいなんで可能だとは思うんですが。

2012/04/30 (Mon) 21:13 | 編集 | Gabishさん">返信 |   

コメントをどうぞ