ステンレス製Mini lavatube (VTube)

P1000561.jpg

Lavatubeにオールステンレス製が登場。当初はLavatube V2と噂されていたものの実は中身はV1のまま、それでもプリオーダーしてしまったのでそのまま購入してみました。

さて感触やいかに!
元々Lavatubeは比較的高機能だけど造りがチープという認識で広まっていますが、そこを逆転の発想のように突いてきたのがオールステンレス製というわけです。


■外見比較

まず目に付くのはアダプター接続部です。以前の510よりも深くなったドリップウェルはeGoコネクションなのだろうと予測させつつ、実は深さがあるだけだったという…。Stardustを試してみたところ入るのですがスレッドをつかみません。どうやらスレッドの位置が低いのでeGo方面のものでも相手を選びそうです。今ところ手元にあるものでうまくはまるものを見つけることができませんでした。

510をそのまま接続した場合にはもちろん具合がよく、実はセンターピンに仕掛けがありま。内部にスプリングが入っているようで、ピンそのものを押しこむことができる構造になっています。そのため、接触が悪いアトマイザーでも比較的容易に通電できるというものです。(実際にその恩恵にあずかれるほど試していないですが)

で、見た目ですが相当かっこいいです。比較するならLavatubeではなくProVariとしたくなるくらいです。

P1000566.jpg
P1000567.jpg

次にボトムです。前のモノはトップと同様にプラスチックでしたが、ここもしっかりステンレスとなりチープ感がなくなりました。ベントホールも1つちゃんとついていて、サイズも大きくなりました。ここはとってもよい改良点だと言えます。

P1000569.jpgP1000579.jpg

次にスイッチ類を見ていきますが、もちろんLavatube全般に言える欠点として、通電ボタン位置が下すぎるのをそのまま受け継いでいます。また通電ボタンの材質はメッキのようにも感じますが結局なんだかわかりませんでした。ステンレスでないのは間違いないと思います。残念なことに私の手元に届いたものは、たまに通電ボタンが入りっぱなしになります。きっと個体差と思われますが超減点対象です。

そして主電源やプラス、マイナスボタンですが、これは従来品とまったく同じくプラスチックのままで本体を振ると少しカチカチと音がするチープさもそのままです。ただ、ProVariも少しカチカチいうの知ってました?通電ボタンに遊びがあるので音がするんですよね。そう思えば大した問題ではないとも言えます。

P1000576.jpg
P1000577.jpg


重量はバッテリーを入れたときの重さが119g、従来品で65gですのでしっかりと手になじむようになりました。ずいでにサイズ比較をしておくとこんな感じです。一番左がエクステンションを付けていないProVari Chromeです。んー、質感結構高いですよね。

P1000572.jpg


■機能比較

機能比較と書いてみてから思ったのですが、電子的な内容は従来品と変わらないはずです。念のためオシロスコープで計測してみると、確かに電流2.5ampで電圧を落とす上限もそのままなのですが、キャップが掛って電圧を落としたときの結果が3.7V付近ではなく、4.2V付近になっています。少しアトマイザーの耐性を信じてみる気になったんでしょうかね?

ssminilavagraph.jpg

機能面でひとつ気になるのは、外見上eGoタイプに変わったコネクタなのですが、このコネクタの空気の入り方が半端ではないのです。306DCAを付けていれば別ですが、通常のアトマイザーを装着したときのスカスカ感は洒落にならないくらいです。ネットで色々探してみると、解決法がありました。

これです。

P1000580.jpg

eGoバッテリーに細身のデュアルコイルのタンクを付けた時にできるへこみをきれいに見せるためのカバーです。比較的どこでも入手でき、しかも$2くらいと思います。これがちょうどはまるようになっているので、回して固定すればエアフローがきつくなってくれます。i06を装着したときにもスカスカだったのがちょうどよい吸い心地になってくれました。

P1000582.jpg


■まとめ

改良されたバージョンアップ品ではなく、外見的な機能のアップを目指した製品。Lavatubeで最も大きな長ティ部意見は2.5ampであること、そして造りのチープさです。後者についてはステンレスにしたことから運よく一部の解決に至ったように見えますが、なぜアダプターをeGoタイプにしたあげくにStardustが使用できないのか理解に苦しみます。

プリオーダーのときは$59.95で本体のみだったのですが、現在はフルキットのみの販売で価格は$104.45と高め。もう少し払うとProVariに手が届くかも知れません。そう思うと少し悲しいですね。ネタとしてはおおいにアリなんですけどね。

P1000563.jpg

購入先:Apollo Future technology

※ステンレス以外にも、クローム、カッパーがあります。

関連記事

コメント 3件

コメントはまだありません
Takajin  

お帰りなさいませ!
Gabisherとしても、流石にコレは買わないです(^_^;)
たまってると思われるレビュー、ゆっくりで良いのでお願いしますね!
楽しみにしてます。
が、本当にゆっくりで良いですよ!
じゃないとこちらの財布が持ちません(>_<)

2012/05/16 (Wed) 00:58 | 編集 | 返信 |   
Gabish  
Re: タイトルなし

実はレビューしないとならないリビルダブルなものがOdyやMaxiの他にも3個とかありましてね…
先が長い感じですw

ひとまず先にTwistや新IMISTあたりをやっちゃおうかと。

2012/05/16 (Wed) 01:54 | 編集 | 返信 |   
name023  

lava3本にPBが並んだ画像からそこはかとない武蔵坊弁慶臭を感じたのは自分だけでしょうか(笑)
同じステンでも少しヘアラインっぽい感じでPB程の圧倒的な高級感には至っていない感じですね。

2012/05/16 (Wed) 20:05 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ