Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


Vision ViVi NOVA

P1000609.jpg

今回は、話だけ聞くと面白そうな『Vision ViVi NOVA』タンクのレビューです。見た目にはCE2を内蔵したStone Tankにそっくりな、しかしその機能は全然違うという代物。タンク内部にあるアトマイザーヘッドを丸ごと交換、抵抗値の違う味を楽しめるという近未来の香りがする子です。

そしてもっと驚いたのが、実はこれStardustに通じるものがある製品なのです。え?Stardustと思うかも知れませんが、よくよく見るとStone TankでCE2カップの部分に鎮座しているのは、Stardustと同じ構造のもの。ちょっと興味湧いてきたでしょ?

P1000613.jpg

セットの構成はタンクシステムが1つにアトマイザーヘッド(と呼んでいいかわからないですが)が3つ、それぞれ『1.8Ω』『2.2Ω』『2.4Ω』という、実はもう少し抵抗値の間隔を開けないと誤差の範囲になっちゃうよという内容です。そしてタンク自体はStone Tankと同様にネジ式にキャップを取り外すことができます。付属のドリップチップは510なので、手元にあるお好きなものに付け替えて楽しめます。

Stone Tankと並べてみると内部の差がはっきりとわかると思います。分解したViVi NOVAはヘッドもネジ式に簡単に取り外し、他のヘッドとの交換が容易にできてしまいます。

P1000614.jpg
P1000615.jpg

写真では少し見にくいと思いますが、左右にファイバーウィックが伸びている中心に2.4Ωの表記があります。これは親切でわかりやすいですね。好感が持てます。

P1000616.jpg
P1000618.jpg

Stardustの内部と比較してみると、ハハーン、相当一緒ですね。というのがおわかりいただけるかと思います。

P1000619.jpg

Stardustはその漏れなさとウィック交換がギリギリ可能、そしてeGoバッテリーとの見た目の相性がよいという点で人気が出た商品だと思っていますが、その反面で上部カップなのに温度が低い、味が結構薄いなどの弱点もありました。ではViVi NOVAはどうかというと、正直なところそのままでは温度の低さと味の薄さはそのまま引き継いでしまっているように感じます。

ただし!対処方法はあります。ウィック部分にかぶさっているシリコン、その中には穴のあいた金属のキャップがはめられていますが、これを抜いてしまえば温度、味、煙量がすべてアップしました。コイルに熱せられて味に変化が出てしまうかなーと予測していましたが、1.5タンクほど吸ってみた感じではまだその兆候は出ていません。案外いいかもですよ。

では、肝心のウィックやコイルの交換はどうなのかと。まぁそもそもがヘッド自体を変えてしまおうという製品なので、わざわざ手巻きにしなくてもいいのかも知れないですが、ウィックの味に敏感とか、太さを変えたり、コイルをカンタルにしたいなどの場合にはとっても有効な手段。Stardustに比べれば雲泥の差で簡単に交換が可能です。


■ウィック&コイル交換

コイル部分を取り外し分解しますが、最初だけ少し固いのでペンチなどを使って少し回し気味に引っ張るとパーツが抜けます。ゴムになっている部分を取り外せば、上からウィックをコイルごと引き抜くことができます。ちょっとビックリなのですが、オリジナルではウィックが4本見えるものの実はコイルが巻かれているのは3本だけ、1本は乗せてあるだけなんです。他のヘッドもみてみましたが同じでした。何をどうすればこうなんでしょうかね?何か狙いがあるのか何なのか…。

P1000620.jpgP1000622.jpg

細いものを複数使うよりは太いウィック1本の方が好きなので交換、カンタル線で巻き直してみます。32ゲージで2.0Ωを狙います。巻き終わったらコイルを元の位置に戻し、両極の線を2本とも中に入れます。で、ゴムパーツをはめますが、このときに1本をゴムと外側の金属の間に、もう1本をゴムの内側に通します。このとき、2本の線同士、あるいは金属に触れないように気を付けてください。

P1000623.jpg
P1000625.jpg

あとは金属パーツをはめて余分にはみ出したカンタル線を切れば交換作業が完了です。下部のタンクキャップに装着したら少しリキッドを湿らせてバッテリーで通電するかを試しておいてください。今回は2.2Ωという結果でした。

P1000628.jpg


■まとめ

価格は約US16ドルと比較的廉価な設定。3回分のウィックとコイルがついていると思えばコストパフォーマンスは悪くないと思います。また、ヘッドは1個3ドルで購入も可能です。もし自分でウィックとコイルを交換するのであれば、もっとコスパはよくなります。

強いて言うならば、少し造りが雑です。2セット購入したうち2本ともバッテリーアダプターのセンターポールの飛び出し方が以上に長く、バッテリーに装着したときに少しグラつきました。ネジスレッドはStone Tankと同様に案外スムーズ、ただしStardustと同様にタンクについた注射器のような目盛りはいらないよねと。

正直なところ、購入してそのままで使用するとStone Tankと同様に味に不満が残るのではないと思います。ウィックを工夫してリキッドの流入をよくしたり、コイルをカンタルに変えるなど、自分の好みのセットアップを見つける探究心があれば、案外楽しいタンクです。CE2好きな方も、CE2だからStone Tankを避けていた方も両方取り込める底力はありそうですが、もう少し何かを頑張ってもよかったのかも。あと5ドル高くてもいいのにと思います。

カトマイザータンクの掃除にちょっと疲れたあなた。買ってみましょうよw

P1000630.jpg

購入先: Gotvapes VISION ViVi NOVA™ 3.5ml Twist-On Replaceabe Coil TANK $16.95(現在セールで$15.95)
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 3   Trackback 0

  • Comments

    Stardustで見慣れたパーツがいっぱいで、分解しやすそうだし欲しいかも。
    ウィック1本が乗せてあるのが、リキッド供給量増加のためなら、
    StardustやNOVAで更に自分で1本追加とか簡単にできそう。
    いずれにせよ、楽しそうなカトマイザーです。
    コイルの結線方法に衝撃を受けました。
    これで、手巻き用アトマじゃなくても手巻きが出来ます。
    しかし、A2-Tのために控えます。(;・∀・)
    価格も良心的だし見るからにケアしやすそうで興味がわきますが工作精度に少々難ありとの事でちょっと残念。
    やはりiattyやODYの満足度には及ばないという事でしょうか。

    Leave a Comment


    Body

    スポンサードリンク

    禁煙


    About this Blog

    Gabish

    Author:Gabish

    とりあえず試してみることにした!という方へ
    電子タバコを
    始めるための
    基本的な情報
    ここをクリック

    About this Blog (English)



    Sponsored Link