Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


Clockworks RDAレビュー

P1000873.jpg

Clockworks RDA』はModder製のリビルダブル・ドリッピング・アトマイザー。人気の高いタンク付きの『RTA』がなかなか入手困難ななか、直ドリ版のRDAは比較的手に入れやすく、今回のオーダーも1週間程度で出荷されました。

人気の秘密は比較的シンプルな構造でアルミ製なことから比較的安価、そして色変えなどバリエーションがいくつか選択可能なことです。性能にも何ら問題を感じさせず、私にはエアフローが少し重たくドンピシャでした。

そして直ドリといっても15~20滴程度入れてもまったく問題ないので、306や510の3-4滴づつに比べるとその姿からもまるでタンクのように感じてしまうくらいです。

P1000859.jpg

少し固めのキャップを上下に外すと、アルミのチューブを入れてパーツはこの3つのみ。電極はほぼ高低差がないのでGenesis化は難しいです。というか直ドリでGenesisはあまりやらないわけですが、丸めたステンレスメッシュの中心にファイバーを入れておくという使い方はあるようです。ただし、その場合にもタンクの「RTA」用だと思いますので、RDAではファイバーウィックのみと考える方が自然。

では巻きます。が、どうもいつも通りに巻いてはだめなようです。ウィックは長めにチューブのなかで丸めておけるくらいの長さが必要、さらにコイルを巻く位置はウィックの中心ではなく一方の端になります。わかりにくいと思うので図にするとこんな感じ。またコイルとエアホールがこのくらいの位置関係に来るようにします。

※写真では逆方向に回しています。

RDAWICK.jpg

P1000861.jpg
P1000862.jpg
P1000863.jpg
P1000864.jpg

エアホールの位置を決めてキャップをはめたら510のドリップチップをつけて完成です。アルミ製なこと、直径20mmなのでProVariに軽くて似合います。抵抗値は2.4Ωでした。まだウィックが新品なので3.8Vくらいで美味しくいただけます。

なんといっても、チェーンスモークでもしない限りドリップする間隔は大分空きます。20滴を超えるとさすがに多い気がしますが、コイルが濡れてしまわない限り特に影響は感じませんでした。コイルがリキッド浸しになると、逆に煙量が減ってしまいます。ウィックは結構長い分、味がこなれてくるまでに1日くらいは掛るようで、ただしウィック種類にもよると思います。最初は結構厳しくて2回ほど巻き直してウィックを変えましたが、リキッド保持を考えて太くし過ぎるよりは、細めのウィックの方が結果はよかった気がします。

何といっても軽くて手間がかからないので、しばらく使ってみようかと思います。

P1000868.jpg
P1000871.jpg

購入先 http://clockworks-cornwall.co.uk/ 実際の注文はUKV経由になります。
関連記事


Comments

この巻き方はA2-TでもOリングなどで工夫すれば出来そうですね!
今度チャレンジしてみます。
このルックスでタンクじゃないのがなかなかに男前(笑)
そうはいっても頻繁に垂らさずに済む様だし、取り付けた時のルックスはノーマルアトより自然に見えますね。
巻くのも楽そうだし「MODはDDに限る!でも巻いてみたい!」な方にお勧めですね。
Re: タイトルなし
思ったより使いやすかったです!
上海でも大活躍、あまりリキッド入れ過ぎるとエアホールから漏れますw

Leave a Comment


Body

スポンサードリンク

禁煙


About this Blog

Gabish

Author:Gabish

とりあえず試してみることにした!という方へ
電子タバコを
始めるための
基本的な情報
ここをクリック

About this Blog (English)



Sponsored Link