Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


UranosバッテリーMOD

P1010233.jpg

以前にレビューしたGenesisタイプのタンクアトマイザー『CYCLON V2』と同時に発売されていたのが、今回の『Uranos』と呼ばれるバッテリーMODです。実はそれほど注意しておらず、まぁメタルなMODバッテリーと見くびって購入したなかったのですが、実はサイズ調整可能で様々なバッテリーに対応するテレスコピック方式、さらに18650+Kick対応という情報をすっかり見逃していました。

で、後になってから欲しくなったものの在庫切れ、しかもUranosは今後製造予定なしなところに、たまたま在庫が2本余っていたらしく、それをまんまとゲットしました。

遅まきながら入手できましたのでレビューをさせていただきます。

価格はデザインの違う2本のチューブがついて85英ポンド、高いのか安いのかは微妙なところではありますが、長さを調整するだけで全バッテリーサイズに対応、さらにKickも追加可能となれば、まぁこのくらいなんでしょうか。

2本のチューブのデザインの差はトップがフラットなのか斜めのスラントタイプなのかだけの差です。それほど大きな意味は持ちません。あくまでも上にはめるアトマイザーなりタンクとのデザイン上の相性でどちらかを決める感じ。

P1010234.jpg

■基本機能

Uranos』はオールメカニカルのステンレススチール製バッテリーMOD。510口金のみに対応しています。スイッチ部はメカニカルによくあるボトムスイッチ。ネジ式のロック機能がついています。リングを回して上に持っていくとアンロック、下へ回せばロック状態になります。

P1010235.jpg
P1010236.jpg

■スイッチ

まずは18650バッテリーを入れて通電を試した感じでは、スイッチ部が構造のためかボトムの中心に近い部分を力強く押さないと通電できません。これはスプリングのバネ力が結構強いのが相まって通電させるにはある程度の力が必要。これは結構致命的な感じです。

当然メカニカルスイッチはそのあたりの調整ができるものと思っていましたが、分解するとこのような感じ。見るからにスプリングが重たそうです。半分に切ってしまうのもアレなので手持ちのスプリングを探すと、他のMODのスペア用に買ってあったスプリングがちょうどありました。ので、これを途中で切って使ってみることにします。

P1010240.jpgP1010241.jpg

またスイッチの稼働部分がややぐらつくのを防ぐため、隙間にオーリングを1つはめます。これを組み立てると程良い感じのスプリングの強さになり、やや安定した感じがします。スイッチの上には(チューブ内)太めのオーリングが付属していて、これがバッテリーの通電が勝手に起きないようにしている唯一のストッパーになります。やや不安ではありますが、これを入れて完成です。

P1010242.jpg
P1010243.jpg
P1010244.jpg

後は18350、18490、18650のバッテリーと、さらにKickを追加してみましたが、残念なことに18350単体ではチューブが奥に入り込み過ぎて使いものになりませんでした。下までチューブを下げてみたものの、これ以上下げると抜けなくなる可能性もあり、にも関わらずこの状態で18350を通電させることができませんでした。一応Noalaxを付けてなめらかにしてみたものの、やはり相当外すのに苦労したので18350単体での運用はあきらめることにします。

P1010245.jpg
P1010246.jpgP1010237.jpg

Kickはテレスコピック側のチューブに下から差し込む形になりますが、なんの問題もなく取付&動作しました。バッテリーを交換するときにもKickに触る必要がないのが好印象ですが、Kickのワット数を変更したいと思った時に18350だった場合、相当長い距離をチューブを外すために回すことになるのが難点でしょうか…。

■まとめ

品質はCYCLONE V2と同様に優秀ではあります。ただしベストな品質というには無理があり、チューブのうち1本はネジを回す時の引っかかり方が尋常ではない感じでした。スイッチ部についても、そのままでは動作に難があり、可動距離の調整にいくつかのオーリングを試して交換するなど、ベストなセッティングを見つけるには一苦労あります。

MODをいじる時点でそういうのが楽しいという方以外はあまり向いていないかも知れません。また、チューブの長さを変えて18350~18650+Kickまで対応としながらも、実際に18350単体での運用はほぼ無理なこと、18650+Kickではチューブのスレッドがギリギリ見えてしまうのも詰めの甘さを感じます。

これで価格が50ポンドであれば文句はありませんが、もう少し何とかなったのではないかと思います。次回はハイブリッド品に挑戦とのことなので、そちらへ期待しておきたいと思います。

P1010247.jpg
P1010248.jpg

関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 1   Trackback 0

  • Comments

    ライティングの妙でしょうか?画像で見るだけだとシンプルでかなりいい感じMODに見えますね。
    実際使ってみると問題点が浮かんでくるのはちょっと残念。
    メカニカルMODでTSやPreciseを超えるのは難しいようですね。

    Leave a Comment


    Body

    スポンサードリンク

    禁煙


    About this Blog

    Gabish

    Author:Gabish

    とりあえず試してみることにした!という方へ
    電子タバコを
    始めるための
    基本的な情報
    ここをクリック

    About this Blog (English)



    Sponsored Link