Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12


MegalodonバッテリーMOD

P1010305.jpg

バッテリーMOD『Megalodon』はスタックバッテリー時代から愛情をこめて「Don」と呼ばれ、オールメカニカルで複数のバッテリーサイズに対応しています。コネクターへ向かって絞られたシェイプ、そして18350バッテリー用のMini Donスタイルが特徴的な印象を受けます。

数ヶ月間粘ってずっと入荷を待っていたのですが、いつまで経っても気配すら感じられなくなってしまったので、個人売買で購入しました。Megalodonにはアルミボディとブラススイッチ、グレードBのステンレスにブラススイッチ、そしてオールステンレスのリミテッド版『SS Don』の3種類が存在しますが、今回は運よく『SS Don』を入手しました。

発売自体は2011年と古いものの、Kick対応のエクステンションも発売されて機能面でもトップクラスを維持し続けています。何気に機能が高くてカッコイイ。そんなわけでどうしても欲しかったもののひとつなのです。

P1010334.jpg

本体の構成はスイッチ、コネクタ、チューブが2本と非常にシンプル、先日発売になったKick用エクステンションを追加しても5つのパーツで構成されています。

■コネクター

コネクターは510/eGoタイプのため、510は何の問題もなく接続でき、さらにeGoについては一部を除き接続が可能でした。IMISTやStardustでは問題がなかったものの、Steam Machineだけはアトマイザー側のカバーが長すぎるためかうまくはまりませんでした。きちんとしたeGo規格であれば接続に問題はないと思われます。また、コネクタ部のウェル(堀り)が深いためeGo側の縁がきっちりとはまり、見ための一体感は非常に気持ちがよいです。

コネクターの裏側はドライバーで調整可能なネジ式のセンターポールがあり、これを回すことで接続の悪いアトマイザーなどとの相性をいじって修正することが可能です。あまりいじる機会はないと思われますが、これがあるとないとでは便利さが違います。

P1010328.jpg
P1010337.jpg
P1010335.jpg

■スイッチ

スイッチはメカニカルによくあるプッシュ式ボトムスイッチ。ロック機構はスイッチの押しこみ側に小さな突起があり、これがベースの穴に合っていることで通電が可能になります。スイッチを180度回すと軽く止まってロック、180度さらに回すと解除されます。Galileoなどネジ方式で何回転もさせるタイプ、PPのように位置が合っていないとロックできないタイプに比べ、反回転で素直にロックと解除ができるこの方式は、これまで触ったメカニカルスイッチの中では一番使いやすいと感じました。

もうひとつの特徴は、バッテリーチューブではなくスイッチがテレスコピックなところです。つまり、バッテリーのサイズを変更したときの調整がドライバー1本で簡単に1cm程度まで変更できるようになっています。これは非常に優れている機能で、特にKickを追加するこのご時世では微妙な調整が必要になるからです。

コネクター・スイッチ両側で長さが調整が可能なことで、確実に通電するような調整が簡単にできてしまいます。

P1010331.jpg
dontelesco.jpg

■バッテリーとKick

Megalodonで使えるバッテリーは17670、14650などを除くと、従来18350と18650モードのみでしたが、Kick用エクステンションを利用することで18490も使用可能になりました。Kickとの併用も可能なため、以下のバリエーションすべてを実現します。

 18350
 18350+Kick
 18490
 18490+Kick
 18650
 18650+Kick

P1010316.jpg
P1010317.jpg
P1010315.jpg
P1010318.jpg


■まとめ

間違いなく優秀なバッテリーMODです。ステンレス品質も高く、ネジのスレッドも非常にスムーズに回ります。重量はそれなりにありますが、コネクタ部とスイッチ部の上下が絞られたデザインのため、手に持ったフィット感は非常に高く落とすような心配は感じません。吸い心地もKickで天国です。

ロック機能が優秀なことからMini Donスタイルでポケットに入れていても安心。間違いなく家宝のひとつになりました。人気があるものの入手は困難ですが、もし入荷したときには是非1本いっておくことをお勧めします。これだけの機能で価格は89.95ポンド、日本円で1万円そこそこで入手できます。(アルミ版は65ポンド)

欠点を探すとなると大変ですが、バッテリーサイズを交換するたびにスイッチ部のネジの調整が必要なこと、そしてそのネジがたまに緩み過ぎてしまうことがありました。ピッタリとした調整を好めばこそ気にならないわけですが、面倒といえば面倒なのかも知れないですね。

P1010325.jpg
P1010326.jpg
P1010327.jpg
P1010323.jpg

入手先: Moju Republic
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 7   Trackback 0

  • Comments

    くぅー、カッコよい
    Re: タイトルなし
    > くぅー、カッコよい

    まずはKickを買いましょうw
    そうすると自然とバッテリーMODが欲しくなりますw
    18350~490仕様の小丼はカッコいいですね。
    価格も手ごろだし万人にお勧めなのに入手困難とは残念。

    kickかぁ。やっぱ手に入れないとですね。
    これは、いいものですねぇ〜。
    18650+Kickとなると銀弾かコレですね。
    と、Kick持ってないや。(;・∀・)
    いつも楽しく拝見させていただいております。

    素敵なバッテリーやタンク類に食指を動かされます(笑)

    ところで、『kick』というのがたまに出てきますが、それはなにを
    する部品なのでしょうか??
    調べてもいまいちわからなかったもので・・・

    ご享受いただければ幸いです。
    個体差かもしれませんが、自分の持ってる銀弾のkickエクステンションはなんだか微妙です。
    わずかに銀弾本体よりも径が大きく、手で触ると明らかに段差を感じるという。
    このDonやLegacyなんかはその辺の精度どうなんでしょうか?
    Re: タイトルなし
    >イニシャルG さん

    Kick は可変電圧による電力安定装置装置でして、ここでレビューしていまーす。 http://gabish.blog97.fc2.com/blog-entry-89.html

    >Nullperさん

    Donもややそうなりますね。特にスレッドの切り方が大きなものはグラつく感じでしょうか。その意味ではぴったりサイズのVinciがピッタリはまりました。SBくらい隙間が開いてしまうものは何か挟んだりしてますよね。

    Leave a Comment


    Body

    スポンサードリンク

    禁煙


    About this Blog

    Gabish

    Author:Gabish

    とりあえず試してみることにした!という方へ
    電子タバコを
    始めるための
    基本的な情報
    ここをクリック

    About this Blog (English)



    Sponsored Link