Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


TW Odesseyレビューのつもりだったけど

P1010370.jpg
P1010372.jpg

赤鬼来襲。

以前は日本語サイトもあって赤鬼と親しまれているイギリスの老舗ショップ「Totally Wicked」、なかなか斬新なロゴデザインはデビルをイメージ。直訳すれば「完全な邪悪」というイイ感じのお店です。

ここまで書いたところUKVで大事件発生。

レビューどころではないので中止、TW対Worldの行方について1日半ほど調べたので報告します。

■状況

事の発端はOdysseyのバッテリー充電器とスイッチが欠陥品なのではないかというスレッドがUKVでやや炎上、Youtubeにも飛び火して攻撃対象がJason個人に移ったところで切れたところでUKVへのアクションを決心。弁護士を通じてTotally Wickedに関する投稿をすべて削除するようUKV運営者(Admin、Moderator)へ要請。

UKVはこれを受けてすでに訴訟リスクを理由にサービスを停止。一方、ECFとTW自身のフォーラムではJason自身が発言を継続。泥沼化している。

※TWはOdyssey購入者に無料でバッテリー充電器を送付済み。私のところにも来ました。



■泥沼ピークの中で

VP Liveで渦中のTotally Wickedの代表者Jason氏と、ECITA(UKの電子タバコ商業組合でUKVのスポンサーとされている)による対談が行われました。トピックだけまとめます。

Jason側の言い分

  • 訴訟するとは一言もいっていない。
  • UKV上のTWに対して敵意に満ちた発言をすべて削除すること。(当初は一言でもTWに関わる発言としていた)
  • 適切なモデレーションを望む。
  • 年間出荷数は100万超えとなった会社を守るためのアクションである。
  • 炎上がJason個人攻撃に移りさらに不買運動にもつながりかねない。
  • UKVが従わなければもちろん弁護士に法的アクションの助言をもらうつもり。
  • 明日の朝、弁護士と相談を行う予定。
  • UKVは素晴らしいフォーラムである。ただしビジネスを守るためには必要なアクションは起こす。
  • UKVはその一方でECITAのバックアップで運営されているのが問題。インデペンデントではなくTWとしては参加していない商業組合からの圧力があるように思う。そもそも単に組合ではなく規則まで持っているのであればショップメンバー自身で構成すべきではない。
  • そもそもUKVに文句があるのではなく、ECITAに対する文句だと受け取ってもらっていい。従ってECITAが適切なモデレーションを約束するのであれば再オープンに問題はない。

ECITA Sam & 一般参加者の言い分
  • ECITAは米国と同じ意味合いの商業組合、全てのメンバーは平等に事業を支援されている。そのためのレギュレーションはあり、事業者同士での衝突を避けるための規則が存在する。ただし規則は自分たち作っているのではなく、ロビー活動により政府機関からの助言により決められるもの。当然組合員は給料などを受け取っていない。
  • 電子タバココミュニティにはGGファン、SBファンなど自分のMODを愛するあまり保身として新しいMODへの攻撃をするユーザーもいる。たまたまそれが感情的になっただけのことであってそれを止めることはできない。
  • 投稿が検閲されるような状況でコミュニティが活発に活動できるわけがない。
  • ひとつでもメジャーなフォーラムがこんな理由で閉鎖するならば、コミュニティに大きなネガティブインパクトとなり、誰も得をしない。
  • pillbox38(Jasonのフォーラム名)がそもそも敵意に満ちた書き込みが好きじゃんか。
  • インターネット上のフォーラムで検閲って。そうやって動いてないけど?
  • そもそも会社大きいんだし無視すればいいだろうに。

■私見

結局泥沼状態は何も変わらないわけですが、ようはJasonの感情が収まって友好的な解決ができることが望ましいわけです。しかしながら、そもそもショップオーナー1人の感情でUKVというメジャーなフォーラムがシャットダウンされる脅威にさらされていること自体が大きな問題です。ECFでもJasonは敵意を持って会話していますので、そもそもそっちで炎上⇒ECFが次のターゲットになる可能性もあるわけです。

Jasonのポイントは『俺』の困ることをするな、するなら黙らせるぞ。で、それを続けた結果、最後は誰もいなくなった。というものすごく分かりやすい結末な気がします。本人は電子タバコ産業とコミュニティのためと言ってはいますが、Liveのホストとしても、もう少し悪意のある発言に寛容さを持ってもよいのではないかと諭される瞬間もありました。(もちろん納得してませんが)

UKVを閉鎖させることが目的ではないとしながらも、その条件が発言を自由にできるフォーラムの存在を否定する可能性があり、その線引きを誰がするのか。線引きが決まるまでの弁護士費用を誰が負担するのか。UKVにはそんな体力はありません。ECITAが前にでない限りは閉鎖のままでしょうね。

今後の動きとして、TWの締め出しやソーシャルメディアを使ったJasonへの攻撃が激化するでしょうし、社内での声や実際のユーザーからの声に押され、ビジネスを守るための手段としてJasonが折れる可能性はあると思います。もし折れなかった場合、コミュニティでは超ネガティブ扱いされ、折れた場合でもヒーローにはなれない。つまり、Jasonは行き所を自ら失う状況に追い込んでます。一旦騒ぎが収まれば、今後も増え続ける初心者向けの商売には影響ないんでしょうが、ベテランからTWで買うといいよとは言われなくなるでしょうね。残念です。ええ、私も言いません。


各種リンク

Odesseyについてレビューできる日は来ないかもな…?




関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 3   Trackback 0

  • Comments

    Jason氏自体が毒舌辛口になりやすいキャラクターで通しているのが
    不具合にあたったユーザーや周囲から見て「クレーム対策までその口調かよ」って
    鬱屈していたのが、そのまま返された感じですね。
    超分かりやすい説明、有難うございます。
    これはどこのフォーラムでも起き得る問題ですね。
    マニアだからこそ目線は常に低く。
    目の前に相手がいないからこそ礼節には細心の注意を。

    ネット上に書き込みをする時に肝に銘じている事です。

    Leave a Comment


    Body

    スポンサードリンク

    禁煙


    About this Blog

    Gabish

    Author:Gabish

    とりあえず試してみることにした!という方へ
    電子タバコを
    始めるための
    基本的な情報
    ここをクリック

    About this Blog (English)



    Sponsored Link