Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


mini DID Geneisisアトマイザーレビュー

P1020018.jpg

『mini DID』は一般のWebショップで購入できる数少ないGenesisアトマイザーのひとつ、そして爆煙で有名な『DID』の弟分にあたる小型バージョンです。つい先日プリオーダーが始まったばかりですが、早速ちらほらと届き始めているようです。

私のところへも本日届いたばかり。まだいじりまくっているわけではありませんのでファーストインプレッションになりそうですが使い心地やサイズ比較などをしつつレビューを書いていきたいと思います。

DID』は以前にレビューしていますが、正直なところあまり印象がよくありませんでした。ただし、そのネガティブ面の多くはセットアップのし辛さと大きさによるものです。ミニになったことでそのあたりがどのまで改善できているのかを重点的にみていきたいと思います。

■構造など

P1020010.jpg

パーツはこれですべてです。基本はオールステンレスのパーツになりますが、現在は追加でポリカーボネートの透明チューブ、ブラス製のセンタポールをパーツを注文することもできるようになっています。

オリジナルDIDと同様にチューブの上下をネジスレッドのついたセンターポールカバーで接続する方式になっているため、やや立体構造に弱さがあります。と言ってもわかりにくいと思いますので組み立てつつご説明します。

P1020011.jpg
P1020012.jpg

まずはバッテリー接続部にインスレーターを差し込みセンターポールを差し込みます。このとき、納品時にはまだ装着されていないオーリングをベースパーツへ装着しておきます。

P1020013.jpg

これが問題のセンタポールカバーです。ポジティブ電流の流れるセンタポールとネガティブの流れる本体を絶縁するため薄く作られています。ネジ部などのサイズはオリジナルDIDと同様ですが、比較するとデザインに変更があり、やや細身になっていますので、その分強度は増しているように思います。また改良とまでは言いづらいのですがミニ版となったことでカバーに乗る重量自体も軽くなっていますので、その分と含めて少し安心感を持てるようになりました。

またカバーにもオーリングをはめるのを忘れずに。
これを先ほどのセンタポールに被せてネジをしっかり止めます。

P1020014.jpg
P1020015.jpg
P1020016.jpg

チューブを上部にアトマイザー部分となるパーツにオーリングを装着してからチューブにはめます。このとき、センターポールのカバーとのネジ部分を締めていくわけですが、あまり力を入れすぎないように気をつけてください。ヤリすぎるとカバーをポッキリ折ってしまうことになります。

アトマイザー部分はオリジナルDIDのようにアレンレンチを必要としない通常のネジになりました。ダイヤモンドカットされているので指でも回せそうですが、相当サイズが小さく混み合っているため精密ドライバーは必須です。アレンレンチを必要としないのは改良点として「○」ですね。

P1020029.jpg

センターポールのスペーサーはやや高さが付くようになりましたが、その上に2つのナットがあってワイヤーを挟むとというこの方式。これは改善されていません。もはやDIDの伝統という造りなのだと思いますが、ワイヤーがゆるゆるになるだけで、さっぱり利点がわかりません。確かに高さ調整をすることができるのかも知れませんが、そもそもスペーサーが増えた時点で高さは充分なため、さらなる高さ調整が必要かはかなり疑問です。

P1020017_20120826181129.jpg
P1020028.jpg


■セットアップ

では早速やってみます。

P1020032.jpg
P1020031.jpg

DIDの最大の売りである「爆煙」、それはウィックの太さに秘密があります。オリジナルDIDでは約33.5mmの穴が開けられていましたが、センターポール方式のためミニ版ではそのまま引き継ぐだけの面積が確保できないため、2.72.8mmになっています。このサイズのアトマイザーではLine V2の2.5mmが最大でしたので、がんばったなーという感じ。爆煙は期待できそうです。

※記事を読んでくださったDIDのショップより教えていただきました。オリジナルDIDのウィックホールは3.5mm、mini DIDは2.8mmとのことです。訂正させていただきます。


一発目に薄手のJackFrost巻きでE1の嵐になったため、やや厚めでPetarK方式で巻いてみました。2.4Ωで巻き完了。特にProVariでエラーもなく4.0Vで焦げ臭くもありません。

巻き途中でやはり2枚のナットに挟み込む部分で少々苦労しました。結果的にはゆるゆるになってしまうためPetarK方式の方が向いているのでしょうね。やはり何度巻いてもこのナットだけは許せないなぁと思うわけです。

そして次の瞬間、大きな衝撃を受けました!

P1020026.jpg

何気なくキャップを上から覗いてみたのですが、ドリップチップの下にくる吸気口とナットの距離が微妙に近くなっています。Zenesisのキノコ型のセンターポールと同様に、キャップとセンターポールの位置関係で煙の量や味に影響を与えるぞこの距離。

そして気づいちゃったわけです。本来オリジナルDIDでは高さを稼ぐために3枚のナットがはまっているのですが、一番下のナットはセンターポールの固定に使用されるため、上の2枚のナットでワイヤーを挟むようになっています。mini DIDでもなんの疑いもなくそうしていましたし、設計者も恐らくそう意図しているのだと思われます。ただしmini DIDでは一番下はナットではなくスペーサーになっているためすでに高さが稼げているのです。

すなわち、スペーサーと2枚目のナットでワイヤーを挟めば、3枚目となる一番上のナットはフリーになります。これをかなり上まで持って行くことでキャップの吸気口に近くなるためエアドローすら調整可能になります。実際、最初に吸ってみたときは、DID特有のややドローの甘さが気になります。ナットを上げてキャップ吸気口との隙間を狭くしてみるとビンゴ!です。私にはちょうどいい、やや重めで爆煙環境が整いました。

P10200322.jpg
↑つまりこういうことです。


■サイズ比較

mini DIDの外径は14.5mmです。eGoやLine V2の14mmと比較すると0.5mm太くなっています。比較してみると0.5mmの差はさほど感じることはありませんが、例えばProVari専用のLine V2キャップ、GP PiccoloのLine V2キャップなどは使用することができません。

P1020019.jpg
P1020021.jpg

と言っても、わずかに0.5mmの差ですのでeGoバッテリーに装着してもデュアルコイルタンクなどを乗せるために売られているカバーを装着すれば、なんの違和感もなくmini DIDが乗っかります。重量バランス的には35gとやや重たいですが、これは透明チューブと交換するなどでほぼ気にならないレベルと思われます。

P1020033.jpg


■まとめ

今のところまだ1タンクを吸いきって2タンク目の途中という段階ですので結論を出すのは早いとは思いますが、このサイズ特有のアトマイザーチャンバーの体積の小ささゆえに味が非常に濃く、さらにエアドローの調整もきくためかなり好みのカスタマイズが可能です。セットアップはまだ少し難しいかも知れませんが、オリジナルDIDに比べて複数の改良点が見られ、Genesisアトマイザーの中で人気が出るのは間違いないのではないかと思います。もちろんLine V2やHellire Miniがそのポジションを奪われることはないですが、ショップ販売のためパーツの取り寄せも含めて容易に購入できるところでポイントはかなり高いと言えます。

決して初心者向けとは言いづらいですが、Genesisを本格的にたしなみたいという方であれば買っても損はなく、Genesisiらしい味を品質高く味わえると思います。

ひとつレビュー上で忘れていた点として、キャップに開けられたヘアホールの位置は好きなところへ持って行くことはできません。個体差によってもこの穴の位置が異なる可能性がありますが、手元に届いたものはメッシュ位置にほぼ合っていました。もし、これが大幅にずれるようであればキャップネジに細いオーリングをはめるなどで位置調整が必要になる可能性はあります。

P1020022.jpg
P1020023.jpg

購入先:e-vape.gr The "Mini DID" 87.00€

※2012年8月26日現在、ショッピングカートからの買い物ができなくなっています。問い合わせてみたところシステム再構築を行ったため現在調整中のようで、2-3日で復旧見込みとのことです。
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 0   Trackback 0

  • Comments

    Leave a Comment


    Body

    スポンサードリンク

    禁煙


    About this Blog

    Gabish

    Author:Gabish

    とりあえず試してみることにした!という方へ
    電子タバコを
    始めるための
    基本的な情報
    ここをクリック

    About this Blog (English)



    Sponsored Link