Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


直ドリって?

dt5.jpg 


コメントでご要望いただいたので『直ドリ』について少し。

『直ドリ』って、ところで『じかどり』『ちょくどり』どっち派ですか?ATOK変換的にはさくっと『ちょくどり』なんだけども、俺は『じかどり』だと信じている派。

まぁ何でもいいや。


直ドリは私はあまりやらない派。何故ならばお出かけ用はeGo派、家ではタンク派だから。お好きな方は、タバコ1本分くらいがちょうど吸い切りによくて、味もダイナミック。確かにそうかも知れないですね。たまにアチチだけども。とっても有効なのはDIYリキッドのとき。テイスティング用に少し作って試すには最適な方法です。

用意するのは簡単です。直ドリ用のアトマイザーを買うか手元にある510ノーマルでも十分。
もちろんDual Coilやカトマイザー分解とかでは無理なので、なるべくノーマルなものを買いましょう。

dt1.jpg 

人気のあるのは

水平アトマイザー(ブリッジレス)
306アトマイザー


あたり。

水平アトマイザーというのは、バッテリーコネクターあたりに水平にコイルが渡されているもので、最近はこれが多いのではと思う。綿が詰まったものでも引っぺがしてみるとそうなっているものが多いです。また、コイル下はセラミック製が望ましい。水平アトマがむき出しのため、洗浄が楽ですが、その分吸い口が近すぎるとアチチになることもあります。

dt2.jpg 

306アトマイザーは510と互換性があり、古くからの根強いファンが多くいます。私も触発されて306用のカバーまで買っちゃいました。(まだ届いてないけど)306 の特徴は510がウィックも何もすべて取ってしまうのとは別に、ブリッジと呼ばれる金属メッシュがウィックを覆っていることです。洗浄はその分手間がかかりますが、ウィックが厚い分、味は結構濃いのでテイスティングというよりは直ドリ派に人気というのはこのあたりかと。

dt3.jpg 

■eGoなどのカートリッジで吸うのと何が違うのかというポイント
  • より強いTH(スロートヒット)
  • 爆煙
  • リキッドの味が鮮明
  • リキッド切れのときのイガイガ感が少ない(306は別)
もちろん、反面煩雑でリキッドたらし過ぎるとバッテリーに行っちゃったり机が汚れたり、リキッドボトルを常に持ってる必要があるなどのネガティブ面も多い。

そうでした。バッテリーにはSealdとUnsealedがあって、これは金口を見ればわかりますが、穴の空いているものとそうでないものが存在します。これは、中に入っているバッテリーが熱を持った時にエアを抜くためのもので、安全のためバッテリーチューブの上か下に開いています(横のもあるけど)。ので、直ドリをするにはバッテリー金口がSealedのものを使うのが常識です。(eGoバッテリーなどは大丈夫のはず)



■ドリップチップ

なくてもいいのですが、熱くなったリキッドがはじけて口に入るといいことないです。それを防ぐためにも安価なドリップチップを用意しましょう。306はカバーがついていますが、これを外してしまって、306専用のドリップチップを使うことが通常。これは洗浄するときにブリッジを外してしまいたいからです。ので、ひとつ持っているといいと思いますよ。

driptip.jpg 

Nexmokeさんのドリップチップ
もっとおしゃれにいくなら、ドリップシールドとセットで

■その他

持っていないのでなんともですが、直ドリを常用する方が持ち歩くための専用のボトルというのがあるようです。ちっさいボタンを押してフタを開けられるので、片手で開けてそのままドロップと。日本だと沼田さんのとこで売ってます。ただし、Nexmokeさんのこっちでも全然いいんではないかと。

■LRかHRか

バッテリーを何にするかで決まります。
当然ですが、テイスティングのためならば、最終的に使おうと思っているバッテリーとアトマイザーに近い環境にすべきで。

例えば、eGoのカートリッジで吸うものをテイスティングしたいのなら、eGoバッテリーに510アトマか、あるいは2.5~3.0Ω付近のアトマイザーを使う。最終環境がLRなら、1.5Ωあたり。VVバッテリーなどで5~6Vまで上げるど~ならば4Ωくらいは欲しいかもね。

■2-3滴ね

入れ過ぎると、コイル台の下にリキッドが回ってしまい、空気穴へ到達するとじゅるじゅる言い始めます。こうなると、バッテリーから外して一度ティッシュなどへ吹きつけてリキッドを追い出さないとダメ。普通はドリップチップの上からリキッドを垂らすわけですが、自分はなんか気持ち悪いのとコイルまでの落ちるのが待てない短気なので毎回外してます(笑

■たぶん好みです

今回、久しぶりに直ドリをしてみたのですが、やっぱりテイスティング目的以外には自分に向いているような気がする。洗浄が面倒だなーと思うところが一番なのかな。味はどっちかというと、イガイガはしないものの金属臭がぷんぷん。単によいアトマに巡り合えてないだけかも知れないので、すでに10種類以上は試したものの、うーんどうなんだろう。何吸っても変わらないw

でも、すごくいいことがひとつだけあります!

それは、リキッドの中には自分の特に嫌いな味ってありませんか?言葉では表現できないけども、どうしてもこの手の味はだめ!っていう成分なりがあって、それが少しでも含まれているリキッドを直ドリすると、意図も簡単に脳がそれを思い出してくれます。

私はそれは『Puke Alert』と呼んでいますが、それが来た時点で何の惜しみもなくそのリキッドは流してしまうことにしています。

あーすっきり (^o^)





関連記事


Comments

Leave a Comment


Body

スポンサードリンク

禁煙


About this Blog

Gabish

Author:Gabish

とりあえず試してみることにした!という方へ
電子タバコを
始めるための
基本的な情報
ここをクリック

About this Blog (English)



Sponsored Link