Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


iHybridレビュー

P1020565.jpg

iHybrid』はその名の通りGenesis形式のハイブリッドMODです。デビューは今年8月と新しく、久々にアメリカ製のハイブリッドということもあり先行販売から大パニック。リストには入っていたのですが支払いにPaypalが使えず、紆余曲折の結果ようやくWeb販売の開始と共に購入することができました。

デビューして間もないことから地雷要素も含んでいるとは思いますが、その辺りも含めてビューしていきたいと思います。

■基本仕様など

P1020568.jpgP1020578.jpgP1020616.jpg



材質:ステンレス/アルミ(外径25mm)
チューブ:18350(Mini)、18650(Standard)
タンク:クォーツガラス

タンクカバー、チューブ、スイッチのアルミ製を除き、アトマイザー/キャップはステンレス製。後発らしくKick対応で18650Kick用チューブも別売りで販売されています。25mmという本体は結構太く、通常の22mmからみるとSilver Bulletをひとまわり細くした程度と存在感があります。

ヘアライン加工の仕上げは決して悪くはないのですが、オールステンレスのZenesisと比べるとややアルミニウムである点も含めて見劣りする気はします。その反面、サイズのわりにはスタンダードに18490とKickを仕込んでも200gを切っていますので、170gのProVariにアトマイザーを付けるのと変わらないという利点があります。

P1020569.jpg
P1020570_20121007021550.jpg

スイッチはロックリング付のボトムスイッチ。ロックの使い勝手自体には問題はないのですが、スイッチ側にもアトマイザー側にも長さ調節ができる機能がないため、バッテリーやKickの有無によって若干問題が出ます。

18650チューブを使って18490+Kickを使用するとチューブをはめたときにわずかですが写真のように隙間ができます。動作に問題がでるようなものではないのですが奥まではまっていないのが気持ちが悪いところです。また186501本だけを使った場合には、逆にチューブの長さが余っているため、ニップル付のAWバッテリーでも隙間があり本体を振るとカチャカチャと音がしています。

オプションで別売りのマグネット式スイッチが売り切れだったのですが、こちらの場合にはマシなのかどうかはわかりません。

P1020586.jpg
P1020587.jpgP1020614.jpg

また、ロックしているときにはいいのですが、外してデスクの上に置いたときにはスイッチ内部のネジ1本で本体を支えるような構造となるためグラつく傾向にあります。いずれの問題も動作自体には影響しないため、些細なことかもしれませんが、高級MODとしてはもう少し配慮が必要だと思いました。

P1020572.jpg
P1020574.jpg
P1020576.jpg

アトマイザー部分はシングルウィック対応でウィック穴は3mmとDIDに匹敵します。センターポール方式のためキャップのエアホール位置調整が必要ですが、オーリング固定のため好きな位置へ持ってくることが可能です。タンクカバーとアトマイザーの隙間にキャップがはまり込む構造になっているのが新しく、これは素直にカッコイイですね。

しかしここにも使ってみて若干問題がありました。まずタンクカバーには「i」シェイプの切り抜きがありますが、これはリキッド残量を見るだけでなくウィックの位置を確認できるためについているんではないかと思うのです。つまりキャップをはめるときに「i」の上にエアホールが来るようにすればよいという感じで。しかしながら、キャップをはめるとウィック位置には「i」が来てくれません。これはさすがに残念だなぁと思います。

次にキャップがカバーとの隙間に入るという構造ですが、しばらく吸っているとキャップ内部に当然水滴が貯まっていきますが、キャップを抜き差ししているうちにカバーの隙間に水分が入り込んでいきます。これを繰り返しているうちにカバーとクォーツタンクの間に水分が入り込み、カバーを外すと結構ベタベタになっていることが多いです。下手をするとそのまま水滴がチューブ側にも入り込みかねないため、面白いデザインだとは思いますがあまり実用的ではないと考えます。


■セットアップ&試飲

P1020575.jpg


久々のハイブリッドのためいきなり2回ほどワイヤーを一発で切ってしまったため、#500メッシュと30ゲージワイヤーのJK方式でセットアップし直しました。吸い始めてあまりにもエアドローが軽いことにややビックリ。Zenesisよりはマシかも知れませんが、この原因は明らかにキャップのエアホールの大きさです。見るからに1.2mm以上の大きさがあるため、これをどうにかしようとしばし試行錯誤。結局アルミシートを丸めてキャップの裏側にはめ込み、ピンバイスを使って最初から空いているエアホールから1mmで貫通させてみました。

P1020611.jpg
P1020613.jpg

これで好みのドローにすることができました。

ちなみにZenesisのように軽いドローが好きな方には、センタポールの上のネジを低いものに交換することでドリップチップへの流量を増やすことができるネジが別売りで販売されています。元々のエアホールでネジ交換をすれば、ほぼZenesisに近い感覚で楽しむことができるのだと思われます。

P1020615.jpg


■まとめ

苦労のかいがあり、Kickも手伝ってようやく美味しく吸うことができるようになりました。Genesisとしてはセットアップにはやや慣れが必要かも知れませんが、セットアップがやりにくいというモノではありません。タンク容量と太さを考えると表に持ち歩くタイプではありませんが、家で映画を見ながら吸うには悪くはないのかも知れません。

欲を言えば、Kickでも高ワットに設定すればある程度の満足感が得られるわけですが、ここまでのサイズとタンク容量があるわけですから、余裕を持ったUウィックやデュアルコイルのセットアップができるように、もう一つ穴があってもよかったのではないかと思います。

今後、改良を重ねてより品質の高いMOD仕上がっていくことを期待したいと思います。

P1020580.jpg
P1020577.jpg
P1020579.jpg

購入先:www.ihybridmods.com スタンダードキット $215
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 2   Trackback 0

  • Comments

    ハイブリッドというのはジェネシスと何のハイブリッドなんでしょう??
    電子タバコでは、アトマイザーとバッテリーが一体型になったものをハイブリッドと呼びます。ただチューブが外せる時点で厳密にはハイブリッドではないのですけども。。。

    Leave a Comment


    Body

    スポンサードリンク

    禁煙


    About this Blog

    Gabish

    Author:Gabish

    とりあえず試してみることにした!という方へ
    電子タバコを
    始めるための
    基本的な情報
    ここをクリック

    About this Blog (English)



    Sponsored Link