Artemas Locking DCタンク

P1020643.jpg

出張から戻りまして久しぶりにリビルダブルじゃない製品のご紹介。

Artemas Locking DCT』は、デュアルコイルのカトマイザー専用のタンクです。何故に買ったの?というところなんですが、その姿が美しいと思ったのとACT V3V4のようなロッキング機構に興味があったからです。

■基本構造など

P1020635.jpg
P1020636.jpg
P1020637.jpg

写真のように付属でクリアのドリップチップと1.5Ωのデュアルコイルカトマイザーが付属しています。材質は不明ですが何らかのプラスチック製でタンクのエンドキャップは固定となっています。取り外しができるのはボトムのキャップ。構造自体は非常に単純です。

ロック機能のため、カトマイザーの下部にツバの付いたものがフィットするようになっています。カトマイザーを下からスライドさせて差し込むとちょうどツバが引っかかる形になっていて、そこにキャップをかぶせることで上下のスライド、回転ともに完全にロックされる状態です。

P1020638.jpg
P1020639.jpg

トップはカトマイザーが1mmほど下がっている形で固定され、510のドリップチップを装着できます。カトマイザーを下げた状態でリキッドを補充するのは他のタンクと同様です。

P1020641.jpg
P1020642.jpg


吸い心地などは普通にデュアルコイルというだけなのでそこに依存しますが、タンク自体の漏れなどは一切置きませんでした。タンクを洗浄するときにエンドキャップを外せないこと、カトマイザーをきつく締めすぎるとバッテリーによってはドローが完全にふさがるため、やや不便を感じます。また、最大の売りのはずのロック機構が邪魔をしてスライドさせることができないため、ドローがふさがってしまったときにはカトマイザーのスレッドを緩める以外の方法がないのが残念です。

ACTのような感動を期待していたのですが、エアフローの設計でできていない時点でやや購入はオススメできない結果となりました。ううむ、DCTのくせにキャップの厚みでバランスがよくカッコイイんですけどねー。

P1020646.jpg
P1020647.jpg

購入先:Madvapes Artemas Locking 510 DCT $11.99
関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ