Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05


Vision Spinner 可変電圧バッテリー

P1020546.jpg

このところ精力的に新製品を出してくるVisionですが、今度はeGoタイプの可変電圧のバッテリー『Vision Spinner』が発売されました。

パっと見にはeGo-C Twistかと思える容姿ですが、機能も中身もそれに近い製品。まさにぶつけてきたわけです。果たして後発としての優位性があるのかなどを中心にレビューをお届けします。

■基本構造など

※手元には直径17mmのものしかありませんので、写真はすべて1300mm版を使っております。

ネット上でスペックを探すと以下のようにリストされました。

Vision Spinner
  400mAh (78mm)
  650mAh (94mm)
  900mAh (109mm)
 1000mAh (119mm)
 1300mAh (112mm) 外径17mm

eGo-C Twist
  650mAh (98mm)
  900mAh (111mm)
 1000mAh (121mm)

これで見る限り650mAhなどではTwistとほとんど外見的な違いはなく、唯一1300mAhだけは外径を14mmから17mmと太さで稼ぎ長さは1000mAhよりも低く抑えています。写真では650mAhのTwistと1300mAhのSpinnerを並べています。

P1020651.jpg
P1020652.jpgP1020650.jpg

回転させる可変電圧部分はいずれもボトムを回す方式で、金属にレーザー刻印されているTwistとは対照的にバッテリー本体に書かれた電圧に赤いドットを合せるSpinnerの方が見やすいとは感じます。

P1020655.jpg


肝心の可変電圧機能はどうでしょうか。Twist、Smipperいずれも最高電圧は4.8Vと表記されています。目測で目盛りに合せる計測ではかなりのズレが生じると思いますので、オシロスコープで設定電圧へ持って行き、その状態で抵抗値を掛ける方式でそれぞれ計測してみます。

P1020655-3.jpg
P1020655-4.jpg

その上でもブレがあることはご了承ください。またそれぞれバック方式で6V近いピーク電圧を生みだしたものを降圧しています。ただし高電圧になるとDuty Cycleを使って制御しています。つまりPWM制御ですが周波数が非常に低いため、RMSを計測できるメーターで測ってみてもPMWは検出されませんでした。4.6V付近でDuty Cycleが入るためチャートでも一瞬電圧がその近辺で上がっているように見えます。

P1020655-2.jpg

TwistとSpinnerでの比較では、それぞれほぼ同一の結果となっています。またDuty Cycleの発生も含めてほぼ同じ回路なのではないかと思えるくらい似ています。

こうなると、あとは容量とスタイルで選べばよいわけで、ここまでコピーしちゃってよいの?ということを除けば、Twistのカラーとサイズに加えてバリエーションが増えたと考えてもよいかと思います。

P1020558.jpg
P1020562.jpg
P1020550.jpg

購入先: 1300mAh:madvapes 400~1300mAh:gotvapes
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 0   Trackback 0

  • Comments

    Leave a Comment


    Body

    スポンサードリンク

    禁煙


    About this Blog

    Gabish

    Author:Gabish

    とりあえず試してみることにした!という方へ
    電子タバコを
    始めるための
    基本的な情報
    ここをクリック

    About this Blog (English)



    Sponsored Link