おもち笑店 濃厚プリンレビュー

P1040529_20130329214805.jpg

何か甘いものが妙に食べたくなることってありませんか?私は人間ドック→メタボ疑惑→栄養士→カロリー制限決定な関係上、大好きだった間食を控える生活に入ってたりします。でもですね、そんなときはMad Mardock氏の「Pluid」が役立つんです。あの怪しいグリーンなリキッドから漂う怪しい雰囲気、一口吸うだけで舌がしびれるあの甘さ。間食の衝動をかなりの確立で抑えてくれています。

前置きが長くなりましたが、そんななか本日ご紹介するのは「おもち笑店」の「笑っちゃうプリン」。誰でも笑顔になっちゃうよという意味のネーミングとのことです。
■基本仕様など

直径 62mm
高さ 62.5mm(フタ含まず)

実はこれ、VapeバディのTakajinさん一押しの商品。いいなぁ、いいなぁと言っていたら、なんと本当に自宅へ送っていただいちゃいました。(Takajinさん、ありがとう!)

ボックスを開けると出てきたのは、なんか懐かしい感じのするガラス瓶。小学生の頃、ランチで毎日買って食べていた明治のヨーグルトのような容器。こりゃもう見ているだけで美味しそうです。

10.jpg

フタは明らかにアルミ製、ブラス色はバッテリーMODの最近の流行ですよね。個人的にはポリッシュが好きですが、このくらいのブラシも悪くないですね。

P1040530.jpg


■フレーバー

「笑っちゃうプリン」には2種類のフレーバーが用意されています。正確にはプリン本体の成分はいずれも変わらず、ガラス瓶の底に位置するソースが異なります。

「濃厚プリン」の「カラメル」はプリンの定番ソース。グラニュー糖を高温で溶かしたものですが、手間を減らすためには水で溶いてしまうのですが、このカラメルは完全にドライな状態から細心の注意を払って焦げ付かないように仕上げられた100%グラニュー糖のカラメルです。スタンダードならではのフレーバーが期待できそうです。

P1040534_20130329215422.jpg

「濃厚あんこプリン」のあんこについては製法は不明ですが、小粒のつぶあんでした。


■試食とまとめ

フタを開けてまずは漂うヴァニラの香り。バニラエッセンスのそれではなくヴァニラビーンスのツブツブがしっかりと確認できます。スプーンを入れてみると、なんという柔らかさ。蒸してないんじゃないかと思うくらいのソフトさです。ひとくち味見をしてみると、ガラス瓶の底をかちゃかちゃとさせるまで、その後は止りませんでした。

P1040532.jpg

翌日、あんこフレーバーの方はもう少し冷静に途中で写真を撮ることができました。

P1040535.jpgP1040537_20130329215137.jpg

無添加のたまごと相まって、なんと製造からの賞味期限は4~5日という新鮮さ。お餅屋さんではありますが、プロ職人が手間を掛けた「濃厚プリン」。おひとつ、いかがですか?

P1040494_20130329215225.jpg
P10405382.jpg

購入先(頂き物ですが): おもち笑店 笑っちゃうプリン 380円

<<コメントはJPVapers.comのこちらのスレッドまでお願いいたします>>
関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ