Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


A7 Miniアトマイザーレビュー

P1040560.jpg

mini A7』はファイバーを使用する直ドリ専用のリビルダブルアトマイザー。人気の高いステンレス製のRBA「A7」の弟分として登場したものです。

かなり前に沼田茶舗さんより購入済みだったのですが、忙しさにかまけてレビューする時間がとれませんでした。といっているうちに再入荷分もすでに売り切れ…。沼田さんゴメン!海外、国内を問わず他店でも入手可能ではありますが、沼田さんにもいずれ最補充な予感。

■基本仕様など

 直径 12.3mm
 長さ 36mm(ドリップチップ込50mm)
 重量 19.2g(ドリップチップ込)
 材質 303ステンレス

兄貴分のA7との比較では、高さはわずかに1mmほどで低いだけですが、14mmのA7に対して12.3mmとかなり細身です。付属のドリップチップはA7のDerlin製からステンレスに変更され、高級感と統一感があります。もちろん510ですので、手持ちの好みのものに変更可能です。

ステンレスは303と珍しく、硬度のある403、水分への耐腐食性の高い316とは異なり、中華製多い304でもない材質です。見た目や手に持った感触は特に差を感じませんでした。

P1040561.jpgP1040559_20130408234934.jpgP1040562_20130409003522.jpg

付属品としてコイルセットアップ済みのファイバーが2セット、精密ドライバーが1本含まれていますので、購入すればひとしきり吸うことも、いじってみるこもできます。(Alibabaによれば、最近のA7では同様にドライバー付属とステンレスドリップチップが付属しているようです)

12.3mmという直径は何に向けたものなのかは不明ですが、eGoバッテリー、16mmの14500バッテリーMOD、あるいはサイズをあまり気にすることなくeVicに乗せるなどもありかと思います。


■分解するよ~

P1040563.jpg

構造はほとんどA7と同じです。アトマイザーベースはネジ式でボトムパーツに組み込まれ、キャップも内ネジで同じスレッドに乗ります。そのためキャップを締めるときに、ややファイバーを巻き込む傾向があります。

アトマイザー部分の構造もA7と同様に分解・洗浄が可能ですが、電極は片側しか外れません。無理に回すと折れるかバカになる可能性があるので、必要がない限りは分解はオススメしません。

P1040564_20130409003743.jpg
P1040565.jpg

バッテリー側のセンターピンはネジになっているので、これを外してシリコンの絶縁体を抜きます。裏を見るとポジティブの電極が貫通していますので、こちらを回して外しますが、結構かたいのでペンチなどで挟んで緩めてください。

P1040567.jpg
P1040569.jpg

パーツは以上になります。A7で素晴らしかったセンターをエアドローに譲ったため、絶縁体を駆使してワイヤーを使用することなく通電させる設計が非常に素晴らしいと思います。断線などの恐れもなく、おかしくなっても分解修理できるのは、とてもありがたいです。

P1040570.jpg

バッテリー側のピンはネジ式です。ネジを置くまでひねるとピンが奥へ入り込みすぎるため、ややユルユルにしておく必要があります。ネジが逆スレッドになっていればよいのですが、バッテリーから外すとほぼ100%緩むため、バッテリーに装着する前には、毎回センターピンの位置を少し降ろす必要が出てきます。これが気になる場合は、何かしら絶縁体をネジの下に挟んでおくとよいのですが、あまり大きなものを挟むと、コネクターのサイドにあるエアホールからの吸気ができなくなるので注意してください。

電子タバコ界のプリンスmoonriverさんのボトルキャップを切って使う方法がなかなかよさげです。

なお、アトマイザーベースは上下させる意味はあまりないのですが、上げればファイバーのセットアップ時にはアクセスが楽になるという利点がありますね。


■セットアップ

A7 Miniに期待しているのは、壊れやすいことは置いておき、個人的に中華形RBAの最高傑作と思っているVision Eternityとの比較です。

そのため、Genesis化とかはさておき、Eternityで使っているのと同じファイバーとワイヤーでのセットアップを行います。ファイバーは2mm、ワイヤーはKanthal 32ゲージです。電極距離が短いため、5巻きで1.9Ωにしました。

P1040572.jpg
P1040574_20130409010703.jpg

ヤバイ、セットアップし終わった写真がどうみても出目金の顔に見える。。。


■まとめと試飲

A7と比べると、チャンバーの狭さからミストが濃くて味がよく出ています。Eternityとの比較でも拮抗しているように感じます。セットアップの方法によっては、A7 Miniでエアーの吹出口とワイヤーの距離を短くすることができますので、そうすることでより強い味と煙量を得られました。

Eternityと比較して、ボディの小さいA7 Miniはリキッドの保持力は下がりますが、それでも10滴ほどに耐えることができます。あとは好みの問題かも知れません。

RBAが進化を続ける中、サイズ以外ではA7と変わらないという意味ではそれほどの進化は見られませんが、味の薄さから常用にはならなかったA7の代わりとして、A7 MiniはEternityと併用して使える品質だと思います。

手に入るうちに1本買っておきましょう!

P1040575.jpg
P1040577_20130409012136.jpg
P1040578.jpg
P1040582.jpg
P1040585.jpg
P1040586.jpg

購入先: 沼田茶舗 その他、Nexmoke、Empiremodsなどでも購入可能。

<<コメントはJPVapers.comのこちらのスレッドまでお願いいたします>>
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 0   Trackback 0

  • Comments

    Leave a Comment


    Body

    スポンサードリンク

    禁煙


    About this Blog

    Gabish

    Author:Gabish

    とりあえず試してみることにした!という方へ
    電子タバコを
    始めるための
    基本的な情報
    ここをクリック

    About this Blog (English)



    Sponsored Link