Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


DVG for GGTS

dvgface.jpg


DVG for GGTS』は、「Golden Greek Telescopic Storm (GGTS)」専用につくられたGenesisアトマイザーです。Diablo Hybridも確かに優れたMODですが、バッテリースイッチにやや不満を持つ方もいたはず、じゃあ下はGGTSがいいよねというところに落ち着くのがいいのか悪いのかわかりませんが、私は大きな拍手をもって迎えています。

■基本構造など

直径 22mm
高さ 65mm
重量 82.5g

クォーツガラス製のタンクは容量が4.5mlと大きいのはよいのですが、本体はやや大きく59mmのZ-Atty-Proよりも若干高さがあります。サイズは異なるものの仕様はZ-Attyに似ていて(残念ながらZ-Atty-Gは持っていません)、バッテリー用にスリーブがついていること、シングルウィック仕様でキャップ容量が大きめな部分などは酷似しています。

P1040668.jpgP1040701.jpg

キャップを上から覗くと、Z-Attyがそのままストンと穴が開いているのに対して、DVGの方は受け皿のようなな形になっています。Genesis史上もっとも大きなエアホールを持つZ-Attyが、さらにこのキャップ上部が大きく開いているのは反則、あるいはそれが美味しいという方もいるのも確かなのですが、個人的にはチャンバーのが大きければ大きいほど、せめてキャップ上部は絞って欲しいタイプです。好みの問題とは思います。Z-Attyとは構造が似ていても、その動作は全く正反対に位置すると言えます。

キャップを開けると、アイソレーターで絶縁されたウィックホールが見えます。Z-Attyの方はアイソレーターを外してしまっているのはご愛敬です。つまり、アトマイザー部分の構造は限りなく同じに見えます。

P1040669.jpg

次に、DVGとDiabloハイブリッドとの比較です。

外見からはフィニッシュの違い以外には差はありません。内部も何もすべて一緒なのですが、バッテリーとの接続部分となる金メッキのコネクターがDVGの方は5mmほど飛び出しています。これはGGTSへ接続したときにテレスコピックなため、ややバッテリー長に対する余裕が出てしまうためです。

また、DVGはGG Stealthにも対応していて、こちらの場合にもrethreader ringを装着する必要があるため、この5mmほどの飛び出しが必要になります。

P1040671.jpg
P1040672_20130428012239.jpg

ハイブリッドのDiabloを外してGGTS/GG Stealthへ装着するときは、スペーサーとなるマグネットを使えばGGTSでもそのまま使うことができるのですが、DVGをハイブリッドに装着すると、バッテリーチューブが最後まで締まらないということになります。つまり、Diabloハイブリッドだけ持っていればGGTSにもなんとか対応できるということですね。

P1040674_20130428012840.jpg


■はめてみます

これがDiabloハイブリッドです。

P1040676_20130428013237.jpg

そしてこちらがDVG on GGTS。

P1040677.jpg

GG Stealthだとこうなります。

P1040681_20130428013543.jpg

フィニッシュが違うので比較はしにくいですが、GGTSに乗せたDVGは、そのために生まれてきた使命をまっとうしていると思えるマッチングです。GGTSはテレスコのため直径23mmに対して、DVGは22mmと直径で1ミリ小さいのですが、そのわずから小ささも逆にスマートに見えてくるから不思議です。


■セットアップとまとめ

アイソレーターが存在するため穴の大きさは2.5mmと小さくもなく大きくもないのですが、シングルウィック専用のため3mmを試したい場合にはアイソレーターを抜くのは、Z-Attyと同様です。

今回のセットアップでは、最近マイブームになっているステンレス製のワイヤーロープをウィックとして使用する方法で行います。(詳細はこちらでご覧ください

ワイヤーロープは4.5mmの長さでカットしたものを充分バーナーで炙り、タンクから飛び出る部分にのみステンレスメッシュを2周巻いています。メッシュは内部外部ともに金属になるので、メッシュは巻く前と巻いた後に両方がっちり焼いています。

P1040626.jpg
P1040627.jpg
P1040632.jpg
P1040689.jpg
P1040691.jpg

せっかくなので、GGTSに接続してフラッシュ方式でホットスポットを排除。ほぼ綺麗に通電するようにして、ひとまず納得。

P1040692_20130428020037.jpg


吸い心地は思った以上に合格でした。

・まず、ハイブリッド版のDiabloで不満だったマグネット式スイッチの重さがGGTSで解決
・GGは好きだけどGenesisが吸いたい!という欲求を完全に満たしてくれる
・Z-Attyと似ているとは思えないほどエアホールはちょうどよい
・チャンバーが広いにも関わらずキャップ上部を絞ることで16mmクラスと同等の濃いミスト
・GGに乗せても何ら遜色のない高級感とポリッシュの統一感
・もちろんKickも使えます

P1040696.jpg


ちょっとほめ過ぎな気もしつつ、でもGGTSでGenesisを品質を下げることなく吸える喜びは、きっとGGな方なら解っていただけるはず。4.5mlという大容量もリキッド残量を気にせず吸えるOdyやUFSと同様に、一度補充したら一日はもってくれます(個人差でしょうけど)。

GGらしくストレートなドリップチップを選んで楽しみたいですね。

P1040698.jpg
P1040700.jpg
P1040695.jpg
P1040697.jpg


購入先: http://diablomods.net/ 110€ (日本からだと購入できなかったのでメールで問い合わせて直接購入) 米国側はEonvapeLocal Vapeで販売されるようです。

<<コメントはJPVapers.comのこちらのスレッドまでお願いいたします>>
関連記事


Comments

Leave a Comment


Body

スポンサードリンク

禁煙


About this Blog

Gabish

Author:Gabish

とりあえず試してみることにした!という方へ
電子タバコを
始めるための
基本的な情報
ここをクリック

About this Blog (English)



Sponsored Link