Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


Nimbus RBAレビュー

P1040820_20130502175011.jpg

Nimbus』は直ドリップ式のフィリピン製RBA。ERAにはじまり数多くのRBAが出てくるフィリピンですが、中華製に比べてもう少し品質と価格が高いのが特徴。そしてデザイン性にも優れています。

Nimbusはデュアルコイルのセットアップが前提の設計となっていて、誰でも簡単にデュアルコイルが楽しめます。そのため爆煙好きの方には人気が出ています。

■基本仕様など

直径 20mm
高さ 26mm(バッテリー接続部含まず)
重さ 33g
素材 ステンレス

重量がそこそこあるため少し高級感があります。直径20mmもそのMODに乗せても美しいサイズかと思います。電極は3本でセンターのポジティブ、デュアルコイルセットアップ用にネガティブが2本左右にあります。

P1040823.jpg

ワイヤー用の穴ががキチンと同じ方向を向いているのがフィリピン品質ですが、ポジティブ電極の下にあるユルユル、ヤワヤワのシリコンインスレーターが中華製と同じなところも、やはりフィリピン品質かなぁと思います。

バッテリー接続部はトップフィードですので電極がシールされています。ドリップチップは付属せず510接続の好みのものを使います。またキャップには0.8mm程度と思われるエアホールが2つ対角に開いています。これも爆煙の秘密のひとつですね。

P1040821_20130502184045.jpgP1040834.jpg
P1040822.jpg

同じような形状のものを並べてみます。それぞれ名前が言えたあなたは電タバプロです(笑

P1040833.jpg

こう見るとやはりNimbusはカッコイイですね。口径の大きい直ドリップ式のRBAは、結局最後は使わなくなってしまうため、Nimbusも初めて見たときにピンとくるものが無かったのですが、JPVで大流行なこともあって縁起物で私もひとついってみることにしたような状況です。でも買ってよかったかも。


■セットアップ

NimbusにはBakero(リボン)ワイヤーと相場が決まっているようなので、それを使ってみることにします。ファイバーは太いよりは細い方が個人的にはファイバー臭が抑えらる気がするので1.5mmにします。ファイバーを2回折ってワイヤーを両端に巻き付けます。電極にこっちからとあっちからと差し込んで、あとはネジを締めれば完成です。ワイヤーの長さをみつつ少し引っ張って全体的に丸くなるように整えます。

P1040827_20130502185115.jpg
P1040828.jpg
P1040829_20130502185114.jpg
P1040830.jpg

通電を確認するまえに抵抗値を測ると0.7Ω。ぐっほ、ちょっとやりすぎかも。当然ProVariなどでは使えませんが、ZmaxやeVixですら動作しない抵抗値です。

P1040837.jpg

もし事故でも起きると大変なので書いておきますが、シングルでもデュアルでも、自分で手巻きコイルを使用する場合には、必ず通電の前に抵抗値を測って1.2Ω以上であることを確認してから使ってください。

Smoketchのデュアルコイルカトマイザーが出てから、誰でも普通にデュアルコイルを試す時代になったわけですが、リチウムイオン電池は放電率が高いとはいえ、1.0Ωのように非常に低い抵抗値を動作させるようには設計されていません。どうしても自己責任で試される場合には、少なくともeGoバッテリーは使用せず、なるべく大きな容量のIMRバッテリーをつ買ってください。細かいことは書きませんが、バッテリーの放電上限を超えて通電しているので、特に長い通電は非常に危険です。

P1040831.jpg

ひとまず通電。大丈夫そうなのでリキッドを入れてメカニカルバッテリーで試飲。

特に焦げ臭いこともなく吸えていますが、やや満充電では電圧が高すぎるかも知れません。何よりも気になるのは巻き立てのコイルとファイバーによる異臭ですが、これはRBAの宿命なのでしばらくは我慢。

2つのコイルを水平に置き、その前に2つのエアホールがそれぞれくるようにすすると、これだけで結構な爆煙です。エアホールをさらに大きくする方法が流行のようですが、リキッドが漏れてくるのが嫌なのと、煙量よりも吸い心地を重視したいため特にエアホールはいじりません。

デュアルコイル特有の超ウェットな吸い心地になるのかなと思いましたが、やはり抵抗値が低いためでしょうかドライな口当たりです。フレーバーは当然ですが飛び気味です。


…と、ここまで試してみたものの、やはり0.7Ωで吸い続けるリスクが高すぎるのでワイヤーを変更してみます。

P1040838.jpg
P1040839.jpg
P1040842_20130502231137.jpg

ホッ…。これで安心して吸える気がします。せっかくなのでProVari(改)に乗せて吸ってみましたが、なかなか美味しく吸えました。これまである意味デュアルコイルを毛嫌いしてきたのはコイル周りの蒸気化が少ないこと、それをダブルにすることで補っていても味が水っぽくなるためなのですが、抵抗値をギリギリまで下げた状態で適度な電圧を与えてやれば、それなりに大丈夫なものだというのがわかりました。特にメンソール系なら問題ないような気がします。

Nimbus、何をいってもMODの上に乗せてカッコイイというのが素敵です。初心者向きではないとは思いますが、もう少しGenesis化も含めて色々いじってみたいなと思います。

あまり悪いことがないNimbusですが、1点だけネガティブなところを。シールされているはずのバッテリー接続部ですが、しばらく使っているとしっかりお漏らししていました。これが例のインスレーターだったら残念です。


P1040825.jpg
P1040826_20130502231935.jpg
P1040844.jpg

購入先:Facebookでの共同購入。在庫切れですがこちらでも購入可能のようです。

<<コメントはJPVapers.comのこちらのスレッドまでお願いします>>
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 0   Trackback 0

  • Comments

    Leave a Comment


    Body

    スポンサードリンク

    禁煙


    About this Blog

    Gabish

    Author:Gabish

    とりあえず試してみることにした!という方へ
    電子タバコを
    始めるための
    基本的な情報
    ここをクリック

    About this Blog (English)



    Sponsored Link