Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


vPowerバッテリーMODレビュー

P1050118.jpg

vapeonly vPower」は14500バッテリーを使用するeGo/510バッテリー。今のところ海外の有名店での取り扱いも1店舗のみとほとんど情報がありませんが、電タバ貴族こと、Nexmoke店長のまっさーさんの方で仕入れたとの情報がJPVapersに。ほうほう、と思っていたら早くも発売になっていました。

性能は~?とお聞きしたところ、「送るから計測して~」との温かいお言葉。本日到着しましたので開封しつつ計測&レビューをさせていただきます。

■基本仕様など

vapeonly vPower 可変電圧バッテリーMODキット 14500」には以下のものが含まれています。

 vPower本体 1本
 14500バッテリー(700mAh) 2本
 USBチャージャー 1個
 簡易英語マニュアル

付属のバッテリーは保護なしの14500ですが、14500サイズの場合保護付きのものは放電率が低く使い物にならないため、基本MODにはプロテクトなしのバッテリーを使用します。それが気になる場合には、リチウムイオン(Li-ion)ではなくAW赤ラベルのリチウムマンガン(Li-Mn/IMR)電池を使用してください。

P1050121.jpg

基本仕様は以下の通りです。

 直径 22.5mm
 長さ 124.8mm
 重さ 60.8g(電池を除く)
 材質 アルミニウム
 可変範囲 3.3V~5.0V

気になるのは、22mmなのに18径ではなく14径のバッテリーを使用するという部分だと思いますが、重量が約60gと軽く、途中で絞っているデザインのため、手に持った感触は22mmあるようには感じません。

同じような製品にL-RiderのRobustがありますが、直径16.5mmで重量も軽く、寸法では正直負けているかも知れません。ただ、放電上限が1.5Aで初期Lavatubeと一緒なため、LR世代には非力な製品ではありました。このあたりは後述しますが、vPowerに軍配が上がります。

P1050114.jpg

コネクターはeGoフィッティングを持ち、510アトマイザーや、eGoスカートを持つStardustやKanger T3などに対応しています。保護機能として、10秒カットオフとバッテリーカバー裏のガス抜き用の穴が開いていますが、穴がやや小さすぎるかなという印象です。本体はアルミですので少し拡張しておく方が安心があると思います。

P1050112.jpg
P1050105.jpg

バッテリーへの充電はMDOから外してリチウムイオン電池の充電器で行う方法と、バッテリーを入れたままeGoバッテリー用のアダプターを付けてUSBで充電する方法のふたつがあります。

前者であればバッテリー交換さえすれば連続使用できるという利点がありますが、TwistやSpinnerを使わずにやや太いvPowerを使用する主な目的は、電池を充電中でも別のバッテリーを使用できるということにあるのではないかと思います。

P1050110.jpg


■電子系機能

主電源のON/OFFは通電ボタンの3回クリックで行い、3色LEDでクリックしたときの状況を教えてくれます。また、通電時にはボタンが点灯して、現在の電池残量を色で表示します。

vpowerIMAGE023.jpgP1050106.jpg

主電源をONにするとファームのバージョンが表示され、(88→1.8)と表示されれば動作可能なモードになります。「vPower」の電圧は3.3Vから5.0Vまで0.1V刻みでの可変が楽しめますが、ボタンではなくアトマイザーコネクターの下のカラーを回すことで設定できます。また、カラーを回すとまずはパフカウンターの回数表示のあと、1秒ほどしてから現在の電圧が表示、この状態で設定が可能になります。(パフカウンターは電池の抜き差しでリセット)

P1050109.jpg

とても気になる制御回路について計測を行いました。

vpowerIMAGE020.jpg

ご覧のようにフラットな電流のリニア方式ですので、電圧計測はvavgで行いました。

vpowerIMAGE021.jpg

グラフは赤い棒の設定電圧に対する、各抵抗値のアトマイザーを使用したときの電圧測定結果です。非常によい結果と言えますが、デュアルコイルの1.5Ωで4.3V付近で上限、そこから誤差はありますが設定を上げてもほぼ同じ電圧になっています。2.0Ω、3.0Ωでは、ほぼ上限に引っかかることなく電圧が出力されています。

ここから計算できる上限は驚きの3amp。Robustが初代Lavatubeと同じく1.5ampでしたので、なかなか優秀な結果です。0.7ΩのGenesisやRBAを乗せようという話ではなく、2.0~3.0Ωのコイルを持つクリアマイザーやRBAを使用するのには充分はパワーを持っていると言えます。


■まとめ

上に乗せるアトマイザー次第ではありますが、クリアマイザーでの吸い心地はリニアらしく非常によく、長さが少しありますが本体の軽さもあってこれはこれでアリでした。

Spinner/Twistで事は足りるという方も多いと思いますが、少しでも電圧を高くしたい、設定している電圧を知りたい、安定した味を楽しみたいというむきには面白い製品です。実質面でもカットオフが3ampと非力に感じることはまずないと思われます。

P1050100.jpg
P1050102.jpg
P1050101.jpg

販売先: Nexmoke vapeonly vPower 可変電圧バッテリーMODキット 14500 5,800円

<<コメントはJPVapers.comのこちらのスレッドまでお願いいたします>>
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 2   Trackback 0

  • Comments

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    VAPE ONLY vPOWER って初期だいたい充電ってどれぐらいしたらいいですか?^ ^

    Leave a Comment


    Body

    スポンサードリンク

    禁煙


    About this Blog

    Gabish

    Author:Gabish

    とりあえず試してみることにした!という方へ
    電子タバコを
    始めるための
    基本的な情報
    ここをクリック

    About this Blog (English)



    Sponsored Link