Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


AGT Titaniumアトマイザーレビュー

P1050653.jpg

『AGT Titaniuim』はAGAのヒットで知られる中国のメーカーYoude社が投入したチタン製のミニサイズなGenesisアトマイザーです。軽量化されたチタン製は高めの価格設定で販売されるのが常ですが、中国製らしく低価格設定でリリースされました。

■基本仕様など

直径 最大17.5mm
高さ 46mm(510接続部を除く)
重さ 23.8g
材質 チタン
タンク Pyrex 1.5ml
ウィックホール 2mm

P1050655.jpg

チタンは腐食性が高いこと、ステンレスより軽量で剛性が高いことからアトマイザーに向いている一方で、金属加工面ではその固さから難材として加工料が高くなります。そのため1.2~1.5倍程度の価格上昇が避けられませんが、YoudeのUDシリーズはそもそもが価格が抑えられています。多少高くなったとしても$50を超えるような設定にならないのが魅力です。

チタンはキャップ、アトマイザーベースとタンクのベースのみ、センタポールやその他のパーツはステンレス製のようです。さすがに重量は同じサイズのアトマイザーに比べて軽量化しているのが手に持っても分かります。近いサイズのアトマイザーでキャップを外しても、重量でAGTを超えるくらいです。

本体サイズの比較としてAGA-IIを並べたかったのですが、AGIのショート化で犠牲にしてしまったため、初期のAGAとショート化したAGIの間に置いてみました。

P1050684.jpg

内部構造は標準的なシングルウィック、AGAやAGIで共通で誰も使わなかっただろうファイバー用の電極はなくなりました。AGシリーズで唯一ネガティブだと思うのがこのセンタポールの柔らかいシリコン。バッテリー側のセンターポールも同じ材質のものがはまっていますが、中国製品に共通したパーツです。絶縁という役割には問題はないのですが、あまりにも柔らかいためナットを締めすぎるとセンタポールが中に入りすぎて通電しないことがあります。また一番の問題は、長期間使っているとセンタポールのナットが緩んでリキッドがセンタポールから進入、バッテリーまで到達することがあります。この点がほとんどの中国製Genesisに共通しているところなので、センタポールの設計を変えるかパーツを別の素材に変更すべきだと思います。

P1050661.jpg

タンクは2つのベースに挟まれる形で置かれ、端にオーリングがついていることで漏れを防ぐという今となっては当たり前のように見えますが、Hellfireが初めて採用した優れたアイディアです。タンクの材質はPyrexでリキッドの種類に関わらず衝撃以外では割れることがありません。

P1050659.jpg
P1050657.jpg

ボトムはセンタポール方式なので当然ですがシールされています。ただし上の問題で漏れる可能性があります。


■セットアップ

非常に残念なのがウィックホールが2mmしかないことです。このため2mmのステンレスロープは入りませんので、1.5mmのロープを使うしか、従来通りにメッシュウィックを使うことになります。細いことは悪いことのように聞こえてしまうかも知れませんが、そういう意味ではなくて細くなるためにワイヤーの全長が短くなり、その分抵抗値が下がってしまうためです。28ゲージは抵抗値が非常に低いため2.6mm以上がベスト、最低でも2.5mmが欲しいところなのです。

今回は28ゲージを諦めて30ゲージを使うことにしました。5巻きですがウィックが細いため抵抗値は1.0Ω、こなれて1.1~1.2Ω程度です。ギリギリProVariを使える感じでしょうか。素直に32ゲージを使えばよいと思うかも知れませんが、抵抗値の問題ではなく細ければ細いほど味が辛くなるというGabish理論に基づいて、なるべく太いワイヤーを使いたいのです。

P1050662.jpg
P1050666.jpg
P1050664.jpg
P1050665.jpg


■試飲とまとめ

キャップを絞っているデザインでチャンバーが狭いせいか、煙量はかなりあります。全体的に煙がウェットで供給がうまくいっているためと思いますが、煙量がフルサイズGenesisと変わらないほど出るのは、エアホールが少し大きいためと思います。たぶん1.2mmくらいじゃないでしょうか。先日レビューしたMINIGENよりも出ています。

味の深みはフルサイズのようにはいかないですが、そこそこ出ています。欲もなく悪くもない感じですが煙量の多さで美味しいと騙されている気がします。14500バッテリーに乗せても味がそんなにでないよねと思うGENESISは確かにあるのですが、AGTはその環境にベストマッチな気がします。味をさらによくしたい場合にはProVariやeVicに乗せれば満足感はさらに上がると思います。

P1050654.jpg
P1050685.jpg

14500バッテリーMODをお持ちでArashi Miniなどの美味しいGenesisをお持ちでなければ選択肢としてオススメします。またチタン製で軽いため14500バッテリーとの持ったときのバランスが悪くなく、そういう意味で持っていて損をする製品ではないと思います。

P1050667.jpg
P1050668.jpg
P1050670.jpg

購入先 Clouds of Vapor AGT Titanium Atomizer $40

<<コメントはJPVapers.comのこちらのスレッドまでお願いいたします>>
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 0   Trackback 0

  • Comments

    Leave a Comment


    Body

    スポンサードリンク

    禁煙


    About this Blog

    Gabish

    Author:Gabish

    とりあえず試してみることにした!という方へ
    電子タバコを
    始めるための
    基本的な情報
    ここをクリック

    About this Blog (English)



    Sponsored Link