Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


Vanilla バッテリーMOD

P1080174.jpg

Vanilla』はフィリピンのModder集団、A-TeamのメンバーでもあるSmoke-E MountainからリリースされているメカニカルバッテリーMODです。ModderはPhillip氏。Vanillaにはいくつかのバリエーションがいくつかあるのですが、ステンレス版、ブラス版についてレビューさせていただきます。

なお、Vanilla MODはうちのショップで国内販売しています。え? ええ、そうなのです。
こじんまりと小さなWebショップを開店させていただきました。MODやリキッドを中心に徐々に商品を増やしていこうと思っています。こっそりと開店したばかりなので、まだ手探りなところもありご迷惑をお掛けすることもあるかも知れませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

そのため、レビューの正当性が減ってたりしないのかなーとか思います?大丈夫です。過去のレビューと同様にフェアなユーザー視点で行うよう心掛けています。というか、そもそも自分が触って納得のいかないものを販売するつもりもないですので…。

http://promistvapor.com/

Promist-papercraft-logo.jpg

■基本仕様など

直径 22mm
長さ 18350/66mm 18490/80mm 18650/96mm
重さ 18350/85g 18490/96.5g 18650/111g
材質 ステンレス304/ブラス(ネイビー)
コネクター カッパー/トップはテレスコ

フィリピン製のMODと言えばドリッパーというくらい、爆煙文化を育んできた歴史がありますが、その文化は欧米だけでなくあらゆる地域へ勢力を伸ばしています。国内ではまだあまり販売されている例を見ませんが、例えば北米のメッカとされる南カリフォルニアのショップでは、販売しているMODの半数近くがフィリピン製で、その価格帯はUS製のMODよりもやや安く、欧州製よりだいぶ安いというポジション。

すでにフィリピン製のMODをお持ちの方であれば理解できると思いますが、比較的その品質は無骨です。写真ではいいのだけど手にしてみるとイメージが違ったり、でもその無骨さゆえに男らしく、使い込んでいくうちにメンテナンスにも慣れて段々使いやすくなってくる。そんな製品が多いです。

A-teamは数十人にのぼるフィリピンのModderやリキッドメーカーが集まり、互いに製品の品質向上やビジネス面での協力体制を築いている集団です。昨年マニラを訪れたときにもA-TeamのFatboyを始め10人以上のメンバーと交流を持つことができました。残念ながらセブ島にいるSmoke-EのPhillip氏にはお会いできませんでしたが、その後チャットなどで毎日のように非常に親しくしてもらっています。

欧米ではすでに大きな販売実績のあるVanillaですが、今回『Vanilla』を日本で販売するにあたり、互いに品質に関する考えの差を話し合いながら埋めていきました。Phillipは金属材質に非常に高いプライドを持ち、Vanillaのブラスは鉛を含まないネイビーブラスを使用しています。その反面、スクラッチなど日本国内で販売する場合にはハードルとなる仕上がりについては決してベストとはいいません。大部分の製品を行ったり来たりさせて、ようやく販売に漕ぎ着けたような感じです。

P1080170.jpg

『Vanilla』はドリッパー天国のフィリピンならではというか、乗せたときの見た目の相性は抜群です。しかしCaravela/PAPSなどと同じスレッドサイズを持つ22mmのバッテリーMODでもありますので、22mmのアトマイザーであれば、Genesisでも何でもチープになることもなく、素直なデザインが相まってオシャレに仕上がります。

トップキャップから見ていきます。

P1080147.jpg
P1080148.jpg
P1080149.jpg

トップキャップの上面はスリットがないフラット。ボトム吸気を必要とするアトマイザーでは注意が必要です。Vanillaを購入する方は主にドリッパーやGenesisを乗せることになるとは思いますので、その場合は完全に隙間のないフラッシュな接続が可能です。接続はもちろん510規格です。

裏にはプラス電極が見えますが、この材質は金属のなかでも通電性が高いカッパー(銅)製です。サイズ的にもある程度の直径があり通電に問題はなさそうです。Rambleがロジウムでコーティングしているのは、そのメッキの摩耗と酸化を防ぐ目的ですが、Vanillaのカッパーはメッキではないためその摩耗の心配はありません。ただし、古くなった10円玉と同様に酸化が発生しますので、ある程度曇ってきたら性能を維持するために酢で磨くなどのメンテナンスが必要です。

ピンは2段式のテレスコピック機能を持ち、上の段でアトマイザーとの接続を調整、下の段を使ってバッテリー長への対応が可能になっています。フローティング方式は調整が楽ではありますが、Vanillaのように本体チューブが固定の場合には、アトマイザーとバッテリー長の両方を同時には対応できるこの方式が有効です。

P1080150.jpg

なお、Vanillaにはハイブリッドアダプターがオプション販売されています。これはトップキャップを使用せず、22mmアトマイザーをハイブリッドMODのようにぴったりと接続するためのパーツです。このパーツもトップキャップと同様にカッパーのテレスコピンという設計のため、使い勝手はほぼ同じということになります。

P1080027.jpg
P1080026.jpg

この手のハイブリッドコネクターは手元に3種類ありますが、長さ調整がイモネジの差し替え、さらにバッテリーとの間にインスレーターを1枚持つ形になっていて、Vanillaのテレスコピンを使うことでこのパーツ自体が排除されているというシンプルさです。また、スレッドはPAPS/Caravelaと同じ20x1タイプですので、同じスレッドのMODであれば使用は可能です。ただし完全な互換性があるわけではないのでご注意ください。

P1080175.jpg
P1080177.jpg


■チューブ

チューブは18350、18490、18650のチューブが用意されていますが、チューブ単体での販売は行われていません。これはModderからの指定として全世界同様になります。つまり、18650も18490のバッテリーも使いたい場合には、それぞれのサイズを丸ご購入する必要があります。主に自分で使用するバッテリーサイズが固定されている方向け、あるいは複数のMOD購入をしても問題ない方向けの製品という位置づけになるのだと思います。

チューブには大きく「VANILLA」の刻印があります。これは好みの問題とは思います。刻印の色がレーザーで黒ずんでいるタイプではないので個人的には気になりません。というか好きなデザインです。世界中のVanillaの中で、北米版のみロゴが異なり丸いSmoke-E Mountainのロゴ入りとなっています、国内販売されるものは、写真の「VANILLA」刻印となります。

P1080002_201402090015357ad.jpg


■スイッチ

スイッチはリバースのロックリングのついたボトムスイッチです。底面全体が可動するのではなく、ボタンのみが稼働して通電させる方式ですので、デスクに置いたとき重量に関わらず通電することはありません。PAPSスイッチに近い設計のため、スイッチのストロークは短くスプリングは柔らかめでわずかな力で通電が可能です。

P1080183.jpg
P1080182.jpg
P1080151.jpg

分解します。

P1080153.jpg
P1080152.jpg


トップキャップ側と同様に電極はカッパー製。スプリング方式です。ボタンとの接続はマイナスネジを使ってぎちっと締めておく必要があります。また、ブラス版のVanilla、ステンレス版のVanillaともにスイッチボタンはブラス製になっています。


■まとめ

日本ではメカニカルMODといえば国内で製造されるRambleのイメージが強いと思いますが、Vanillaの加工品質も同様にとても高い精度にあります。ただフィニッシュ加工は海外製ということもあり、人によってはややムラを感じる部分はあるかも知れません。どちらかというと毎日使い込んで味を出していきたいMODという位置づけになるかと思います。特にブラス版では金属の柔らかさもありスクラッチしやすいので、こまめに磨いてピカピカにしておくか、あるいはそのまま使い続けて徐々に曇らせていく、それはそれでかっこいいんですよね。

Vanillaを使用する大きな利点は、デザインが素直では本当に何でもマッチするところです。仕上げが光沢のあるブラシのため、ポリッシュのアトマイザーでもブラシでもなかなか良い感じにマッチします。スレッドはPAPSと互換性があるのもポイントが高いです。ハイブリッドアダプターを使った18350モードは軽く手の中に収まるサイズ、18490はドリッパーにもちょうどよく、一番長い18650ならGenesisやタンクアトマイザーにもオススメです。

フィリピン製ドリッパーをお持ちでしたら、1本くらいはバッテリーMODは欲しいですね!

P1080163.jpg
P1080169.jpg
P1080179.jpg
P1080002_20140209002631b7d.jpg
P1070992.jpg

購入先: Promist Vapor

<<コメントはJPVapers.comのこちらのスレッドまでお願いいたします>>
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 5   Trackback 0

  • Comments

    始めまして!
    先日「Vanilla バッテリー MOD」を購入させて頂いたんですが、手元にUDのAGIがあり、それを接続しようとした所接続出来ませんでした!
    AGIのT2は接続出来ました!
    これは何故ですか!?
    Re: 始めまして!
    > 先日「Vanilla バッテリー MOD」を購入させて頂いたんですが、手元にUDのAGIがあり、それを接続しようとした所接続出来ませんでした!
    > AGIのT2は接続出来ました!
    > これは何故ですか!?

    もう少し詳しく教えていただきたいのですが、
    AGIの510接続部が磨耗していたり損傷しているということではないでしょうか。
    また510接続でも相性の悪いものが存在する可能性もございます。
    なお、お手数ですが、ショップよりお問い合わせをお願いいたします。

    info@ promistvapor.com
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    入荷予定はありますか?
    Vanillaのcopperタイプの入荷予定はありますか??
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Leave a Comment


    Body

    スポンサードリンク

    禁煙


    About this Blog

    Gabish

    Author:Gabish

    とりあえず試してみることにした!という方へ
    電子タバコを
    始めるための
    基本的な情報
    ここをクリック

    About this Blog (English)



    Sponsored Link