Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


HAIGHT MULTI POUCH

P8121293.png

いやー、DNA75をレビューしなきゃなぁと思いつつ、忙しさに溺れている毎日です。そんなある日、仙台HAIGHTのYuuさんから電話。「Gabishさーん、前に行ってたHAIGHTのポーチ完成したからさぁ、送るんでレビューしてくれるよね?えしないの?するよね!?」っていうドスの利いた声が…。

ちょうど開発中だった頃にもお話しさせていただいたんですが、私はどちらかというと、腰から下げるよりもバックパックに入れて持ち歩くことが多いので収納性重視派ってことになるんだと思います。ので、腰からぶらさげての使用感よりは、バッグに入れて持ち歩く側としてレビューしたいと思いますです。

■基本仕様など

寸法 縦14cm/横9.5cm/マチ5cm
重さ 80g
仕切り 2コンパートメント(大型コンパートメント内にさらにポケット x1)
ゴム固定バンド 外装サイド2か所 大型コンパートメント内2か所
素材 PVCナイロン
カラー ブラック/レッド

■固定方法

裏面には3種類の固定用の仕組みが用意されています。

1.カラビナ

黒バージョンでも赤バージョンでも真っ黒なカラビナ付属。変にシルバーっぽいところがなくて好きです。サクッとベルト通しやバックパックなどにフックするには最適かもですね。

2.縦ベルクロ

ベルトに付けるなら最適。ベルクロ面が長いので重量があっても大丈夫そうです。ベルト派にはこれなのかな。

3.横ベルクロ

横はパッと使用する場面が頭に浮かばなかったのですが、きっと手首に着けるものではないだろうと思いw よくよく考えると、恐らくはバックパックのショルダーストラップとかを抱き込む形になるのではないかと思います。

P8121315.png
P8121308.png
P8121311.png
P8121309.png

だれにでも使える3つの方法っていうのがいいですね。私は主にカラビナと横ベルクロを使うことになるのかなと思います。

■コンパートメント

大きく分けると、ベルクロのフタを平いた内部に2つのコンパートメント。前面のものはYuuさんにもしつこくジュースボトル2本は入れさせてよね!と言っていた小エリア。もちろん他の小物どころか小と言いながら結構入ります。そしてやや写真でみにくいですが、メインの大コンパートメントには、内部にポケットがひとつ、さらにゴムバンドが2か所あって、バッテリーやユニコーンボトル程度の太さのものであれば固定が可能です。(ポケットは2枚目の写真の方がわかりやすいですね)

そして、バッグの左右側面にもゴムベルトがありますので、あまり細すぎず重たくないものであればそこにも固定が可能です。おそらくユニコーンボトルを想定しているのだと思います。

P8121320.png
P8121323.png
P8121319.png



■使用感など

さすが日本で設計されたVape用のポーチだけあって、やっつけ品ではない機能面での使いやすさが売りのHAIGHTポーチ。腰にぶら下げるのか、あるいは別のバックパックなどに入れて持ち歩くのかにもよりますが、Vaperの持ち物は大体大別するとこんな感じでしょうか。

A)アトマイザー / MOD(最近は主にボックスタイプ、できれば x2台)
B)ジュース (できれば30ml x2本、ユニコーンかガラスボトル)
C)スペアバッテリー(18650 x2本、人によっては18350 x4本や26650 x1本なども)
D)簡易なビルド用品(主にウィック交換用としてドライバ、ピンセット、ハサミ、コットンあたり)

で、腰から下げる分にはAとBで十分な気がしますが、人によっては「C」も入れちゃいたいっていう場合もあるかと思います。結局そのあたりは総重量にもよるとは思いますが、バッグの容量的には何の問題もなくA~Cを格納可能で、まだまだ余裕さえあります。HAIGHTさんの商品ページにも書かれているように、スマフォやデジカメなんかも十分行けちゃう気もします。


そして私のように何でも突っ込んでいく場合はどうなんだろうと、A~Dを詰め込んでみました。

結論からいうと、案外入ります。もちろん重たくなるという前提ですが。

 ・ドリッパーを乗せた26650 MOD x1台
 ・Picoタンクを乗せたMinivolt x1台
 ・30mlガラスボトル x1台
 ・30mlユニコーンボトル x1台
 ・FiberFreaksコットン x1袋
 ・Narro Clapton x1チューブ
 ・小型のハサミ x1本
 ・小型の±ドライバー x1本
 ・小型のピンセット

これだけあれば、タンクとドリッパーで出くわすシチュエーションに対応しつつ、なんならウィックも交換しちゃうぞと。どうしてもならコイルまで巻きますが、その場合にはさらにコイルジグを追加な感じで。

P8121317.png
P8121318.png

なんだ全然入るじゃんと。これならM5+行くときは、これでいいかもねって思うわけです。正直にいうと、Narrow Claptonのチューブは、やや斜めにしないとフタを閉めづらかったのですが、フタももちろん強力なベルクロなので特に困ることもないかなという感じです。いやでもなんでワイヤー入れたんだろう。。。まぁいいか(笑

そして、あえてバッテリーは入れませんでした。バッテリーはバッテリーケースに入れて持ち歩くことが多いのと、それだけで案外場所をとるのでバックパックの取り出しやすい位置に別途入れています。

使用感的には、普通サイズのMOD2台を平気で持ち歩ける上にジュースも複数本入るので、絶妙に使いやすいサイズだと感じました。また、PVC加工された素材は防水効果も期待できますので、悪天候でもさほどの心配はなさそうです。素材は堅牢で、書くベルクロ(マジックテープ)は面積が大きいので安心感が高いです。

P8121323_4.png

販売元: HAIGHT http://haight.jp/?mode=cate&cbid=2151816&csid=0&sort=n 販売価格:3,800円 (税込4,104円)
関連記事


スポンサードリンク

禁煙


About this Blog

Gabish

Author:Gabish

とりあえず試してみることにした!という方へ
電子タバコを
始めるための
基本的な情報
ここをクリック

About this Blog (English)



Sponsored Link