Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


ES-Z RDTA フォローアップ

_C140770-Edit.jpg

先日レビューさせていただいたES ModsのRDTA『ES-Z』のプロトタイプですが、国内でも一部Facebookのクローズドグループでの販売が行われるという話をお聞きしました。入手される前に、ぜひフォローアップとしてお伝えしておいた方がよいことがありましたので短くまとめさせていただきます。


先日、ModderのErieさんから『ES-Z』の製品版でアップデートされたパーツを追加でお送りいただきました。実は、その後ES-Zを使用していて問題にぶち当たっていました。前回のレビューでは特に触れていませんでしたが、ビルドするときのコイルの位置が、あまりその下のブラックPEEKパーツに近すぎると、熱でPEEKを溶かしてしまうという問題です。もちろん、これは私の不注意によるものですが、製品版ではこの問題を避けるためのスペーサーが付属します。

_C140753-Edit.jpg 

ややショッキングな写真ですね。まるで溶けちゃったダースベーダーのヘルメットのような…。気づかないうちにこんな状態になっていましたので、必ずスペーサーを使用してください。

左がプロトタイプのもの。右が製品版のゴールドコーティングされたスクリューとスペーサーです。スペーサーをはめるとその下の写真のようになり、コイルがエアホールに近づきすぎないようにワイヤーの設置場所が上になるように工夫されています。

_C140751-Edit.jpg _C140752-Edit.jpg

もうひとつ、製品版のデッキには小さなエア抜きの穴が増設されていました。これは、リキッドを補充したときに、タンクが一杯になると、この小さな穴からリキッドが「ピュっ」と出てきます。小さなことですが、これがあることで盛大にリキッドを溢れさせることなく適量が目で見て分かるということになります。とても優しいですね。

_C140749-Edit.jpg 

ビルドしてみると、ご覧のようにスペーサーによってコイル下のクリアランスに余裕ができているのが分かるかと思います。くれぐれもこの隙間を確保してデッキを溶かすことがないようにご注意ください。

_C140760-Edit.jpg 

今回の製品版パーツとともに、トップキャップと同様にジルコニアセラミック製のビューティーリング、そしてブラシ加工を入れた別キャップもお送りいただきました。特に傷つきやすいビューティーリングもセラミックなら安心ですね。同じくセラミック製のボタンにしていただいたEstoque MODとの組み合わせもなかなかです。

_C140742-Edit.jpg _C140746-Edit.jpg_C140811-Edit.jpg_C140779-Edit.jpg

短いフォローアップですが、スペーサーの大切さ、デッキの小さな空気穴、そしてオプションパーツについてお伝えいたしました。

今後国内での販売をどうするのかは調整中ですが、Erieさんと調整を進めております。





関連記事


スポンサードリンク

禁煙


About this Blog

Gabish

Author:Gabish

とりあえず試してみることにした!という方へ
電子タバコを
始めるための
基本的な情報
ここをクリック

About this Blog (English)



Sponsored Link