Gabish Vape Blog - 電子タバコのひとりごと

ジャンクではない電子タバコに関するブログ。メモ的なもの。うっかり禁煙しちゃいました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


速報 Provari V2



ヒャ~~~!

ProVari V2が発表っていうか、いつの間にか売っているProVariが全部バージョンアップしていました。

ProVari V1についてはこちらのレビューをご覧ください。

ProVari V2、実は見た目は変わっていなくて機能面での変更。ハイエンドなMODバッテリーのバージョンアップなら色々期待してしまうところですが、なぜに機能面だけ?というところ。これには理由がありそうな気配。

V2機能面の変更は2つ。可変電圧のレンジが3.3~6.0Vだったものが、2.9V~6.0Vに変更。ただ3V以下で吸う人はいないと思うので実質これは誤差の範囲。もうひとつの変更点が本命で、これまでの電流上限が2.5ampだったのに対し、V2では3.5ampまでに引き上げられました。

この変更はとてもクリティカルで、従来はLRカトマイザーを使った場合は2.5ampなので4V近辺までしか電圧を上げることができず、これを超えた場合は保護機能が効いて通電させなくなっていました。上限が3.5ampになったことで、例えばLRの1.5Ωのデュアルコイルカトマイザーを使っていても、5Vでモクモクできることを意味します。

この変更点の理由は2つあると思っています。ひとつはデュアルコイルが大流行りのため、多くの人が保護機能のない5Vでデュアルコイルを大変美味しくいただているという事実。もちろん、5Vなので電池の減りが強力に早いのと、高電圧のためコイルがパチンとお亡くなりになる率が高いということでもありますが。

そしてやはり大人気のLavatubeの存在です。こちらも2.5ampで保護機能が働いて強制的に3.0Vで稼働するように設計されていて、やっぱりデュアルコイルのファンとしてはもっと!もっと!と思われているという事実です。

King of MODのProVariとしては、やっぱりこのあたりにどう対応するかで悩んだんではないでしょうか。Lavatubeの価格を考えると太刀打ちできないので機能面で差を付けたい、そしてデュアルコイル人気にあやかった商品を提供しなければらない。この2つの要素にぴったりマッチするのが今回のマイナーバージョンアップの理由なんじゃないかと思います。

私も爆煙を楽しみたいときには自作MODなどを使っていますので、ProVariでデュアルコイルが5Vで吸えるなら、それだけの理由でもう1本買っちゃいそうな勢いです。ヤバい…

お買い求めはこちらです: ProVape ProVari V2
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

  • Response: Comment 4   Trackback 0

  • Comments

    長い間モニタとにらめっこしていた甲斐がありました。
    来月の青LEDを狙います。
    情報ありがとうございましたー。
    Re: タイトルなし
    青LED、カッコいいですね!
    赤でもいいんですが写真撮るときに明るすぎてうまく撮れないし、黒クロームで私も狙っちゃおうかなw
    可変愛好家にとっては「いつかはProVari」みたいな感じなのでしょうね。
    バリバリの機械式派ですがさすがに気になり始めました(笑)
    Re: タイトルなし
    背中を押してくださいってことでしょうか!!

    Leave a Comment


    Body

    スポンサードリンク

    禁煙


    About this Blog

    Gabish

    Author:Gabish

    とりあえず試してみることにした!という方へ
    電子タバコを
    始めるための
    基本的な情報
    ここをクリック

    About this Blog (English)



    Sponsored Link